読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの指揮官はあなたの魂

多くの人は、自分の行動を自分で決めて行動してると思っている。

そんな僕もかつてはその一人であった。

こんな話をしても馬鹿らしいと感じる人も多いと思う。

もし、馬鹿らしいと感じているなら、

これ以上、読み進めるのはやめれた方が良い。(笑)

そんな僕も「自分の行動は自分で決めてるに決まってる」と

勘違いしていた。

ただ、今、日常を何となく過ごしてる人や

人であり他者を責めたり、腹を立てるならば、少しだけ立ち止まって

読み進めてほしい。

今、僕が多くの人に感じてるのは、今の日常や現状、

そして自分が変わりたいと感じてる人が多く居ると考えるからだ。

あの頃の僕は、自分と言う、他者を演じていたと思っている。

そして、その演じることに限界が来て、崩壊した。

既に、この時の僕は、自己と分離して、自己の本質と喧嘩していた。

そして、窮地に立たされて、自己を解放した。

この時に感じた事と今、分かったことをお話したいと思う。

僕の言う事は多分間違ってると思う。。。ガハハ(笑)


「ひさよし!あなたが、何故、こんな風になったか分かる?」(⌒‐⌒)

あの頃のレナ異星人だ!

レナ異星人は僕の意識に入り込む宇宙人だ!

詳しくは、サイドバー「僕が、レナ異星人をブログに書く理由」を

読んでください。 ↑↑こんな風になった背景も書いてます(笑)


「そんなもの考えた事無いよ」( ̄▽ ̄;)

「ひさよしの行動基準は何時も何処にあり、何を考え行動するの?」(⌒‐⌒)

「好き嫌いや、損得や善悪を自分で考えて決めて行動してる!」( ̄▽ ̄;)

「そして、何時も葛藤して、悩んでるね。」(⌒‐⌒)

「認めたくないけど、そうです。」( ̄▽ ̄;)

「では、多くの人が人を責めたり、悪口や陰口を言うのは何故だか解る?」(⌒‐⌒)

「それは、悪口を言われる、例えば僕に非があるからだよ」( ̄▽ ̄;)

「そうかも知れないね。(笑)」(⌒‐⌒)

「では、その逆、皆が悪口を言わない人はどんな人」(⌒‐⌒)

「そんやつ、居るの?」( ̄▽ ̄;)

「僕は、思うんだ、1000人居れば1人や2人は必ずどんな奴だって、
何か言われてるよ!」( ̄▽ ̄;)

「それは何故?」(⌒‐⌒)

「そいつが、気に入らないからさ!」( ̄▽ ̄;)

「では、その言われてる人はどうすれば良いの?」(⌒‐⌒)

「言われてる事の行動を改めて、慎めば良い」( ̄▽ ̄;)

「その人の性格でも?」(⌒‐⌒)

「ん~。そうだね」( ̄▽ ̄;)

「こんな風には考えない?」(⌒‐⌒)

「ひさよしが納得できない人は、あなたが、その人を操れないからと」(⌒‐⌒)

「ん!!確かに僕の思い通りに行っていない。」( ̄▽ ̄;)

「ひさよしは、それと同じことを自己の声に要求してるのよ」(⌒‐⌒)

「でも、違うのは、自己の声はあなただと言う事」(⌒‐⌒)

「じゃぁ~!喧嘩してる僕は、誰になるの?」( ̄▽ ̄;)

「ひさよしは健在意識で、他者になろうとしているのよ」(⌒‐⌒)

「すなわち、他者の考えに振り回されて、自分ではなく他者になっている」(⌒‐⌒)

「他者のイメージするあなたになろうとあなた達は必死になっている」(⌒‐⌒)

「でも、そんな僕が他者をイメージするほど暇じゃないよ!」( ̄▽ ̄;)

「振り替えって、立ち止まり考えるとそうかもね」(⌒‐⌒)

「あなた達は、長い時間をかけて、刷り込まれてるのよ」(⌒‐⌒)

「何時?」( ̄▽ ̄;)

「長い時間をかけて。。」(⌒‐⌒)

「例えば、どんなときに?どんな風に?」( ̄▽ ̄;)

「学校、家庭、TV、ゲーム等」(⌒‐⌒)

「学校で、模範になる人を教育されるでしょ」(⌒‐⌒)

「TVで人の良い成功者を観るでしょ」(⌒‐⌒)

「良い家庭、家族のあり方を何処かで聞くでしょ?(笑)」(⌒‐⌒)

「そうならなければ、いけないんだと、思うでしょ」(⌒‐⌒)

「結婚は人生の墓場だと、言う人も居るでしょ」(⌒‐⌒)

「それは、現実と追いかけてきたモノとの違いでもある」(⌒‐⌒)

「あなたの魂を大切にして、自分らしくあれば、そのギャップは無くなる」(⌒‐⌒)

「こう言う自分でなければ、結婚出来ない、人に愛されないと刷り込まれる」(⌒‐⌒)

「誰かの作り上げたイメージを皆で追いかける」(⌒‐⌒)

「そして、人が同じ方向に向き、同じ人間が大量生産されるでしょ」(⌒‐⌒)

「あなた達の本当の指揮官は、あなた自身なのに。。」(⌒‐⌒)

「それを、聞き入れないで、他者に振り回される」(⌒‐⌒)

「確かに。。。。」( ̄▽ ̄;)

「あなたの指揮官はあなたの魂なのよ!」(⌒‐⌒)

「でも、僕の指揮官の話を聞くにはどうすれば良いの?」( ̄▽ ̄;)

「ひさよしが何か行動したときに、他者に振り回されたりしない事」(⌒‐⌒)

「他者と違うと認識しても、やりたい事や考えを辞めないこと」(⌒‐⌒)

「結果、その行動を辞めても、罪悪感を持たないこと」(⌒‐⌒)

「簡単だ!」( ̄▽ ̄;)

「そう!ひさよしが楽しいと思うことは魂も喜ぶ!」(⌒‐⌒)

「そして、他者の行動をひさよしが認めること」(⌒‐⌒)

「あなたの指揮官があなたの魂と同じ様に」(⌒‐⌒)

「他者の指揮官は他者の魂で、あなたの魂では無いから。。」(⌒‐⌒)

「そうだね。」( ̄▽ ̄;)

「自分はともかく、他者の魂は僕は支配できないからね」( ̄▽ ̄;)

「それが、解れば、他者を批判できなくもなるね」( ̄▽ ̄;)

「他者を批判しなければ、自然と、自分らしくも生きられるね」( ̄▽ ̄;)

「(笑)理解してくれたみたいね(笑)」(⌒‐⌒)