読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金仙人の話。No. 1 出会い

ピンボーン!ピン、ピピ!ピンポーン!

「うるさい!今、行くよ!」( ̄▽ ̄;)

ガッチャ!玄関の扉を開けた。

「何の用ですか?」( ̄▽ ̄;)

「一寸、失礼するよ。」(^3^)/

「何ですか?入らないで下さいよ!」( ̄▽ ̄;)

「ま~ま~。固いこと言うなや(笑)」(^3^)/

「一体誰なんですか?!」( ̄▽ ̄;)

「失礼にも程がありますよ!」( ̄▽ ̄;)

「なにオオ!お前は、俺様を邪険にしない方が身の為だぞ!」(^3^)/

「脅しですか!警察呼びますよ!」( ̄▽ ̄;)

「それだけは、堪忍してぇ~~」(^3^)/

「じゃぁ~。今すぐ出ていって下さい!」( ̄▽ ̄;)

「ま~。あれだ!玄関では何なんで、奥でお茶でもしながら。。」(^3^)/

「ここは、僕の部屋ですよ!」( ̄▽ ̄;)

「ピンポーン!」(^3^)/

「全く話にならないと言うか、僕の話を聞いてます?」( ̄▽ ̄;)

「あー。聞いてるよ」(^3^)/

「取り合えず、俺の話を聞けって!」(^3^)/

「いいから、出てってください」( ̄▽ ̄;)

「俺はレナから、お前の所に行くように言われてれるの!」(^3^)/

「えっ!レナからですか?」( ̄▽ ̄;)

「そうだよ!」(^3^)/

「レナを知ってるんですか?」( ̄▽ ̄;)

「知ってる所じゃないよ、大変良く知ってるよ」(^3^)/

「お前レナから何も聞いて無いんだろうな~」(^3^)/

レナは僕の意識に入り込む異星人だ。

詳しくは「僕がレナ異星人を書く理由」を読んでほしい。

「全く!何時でもレナは、こんな感じで、俺はホトホト疲れるよ!」(^3^)/

「今度、お前さんから言っといてくれよ!」(^3^)/

「何て、言えば良いんですか?」( ̄▽ ̄;)

「俺が来る前に、キチンと俺が来ること伝えろ!ってね」(^3^)/

「レナに伝えるも何も、あなたは、もう上がり込んでるじゃないですか」( ̄▽ ̄;)

「ま~な。(笑)そうとも言うね。」(^3^)/

「それで、あなたは何者で誰なんですか?」( ̄▽ ̄;)

こいつの年齢40歳位の男子、趣味の悪い金色のジャケットに

ポーマードたっぷりのリーゼント、何だか昔の不良とお笑い芸人を

足して2で割ったようないでだちだ。

「俺は皆の人気者、俺を知らないとは、さては、お前さん。」(^3^)/

「何よ!」( ̄▽ ̄;)

「貧乏か?お金なんか無くても良い何て言う偽善者か良い子ちゃんだろ‼」(^3^)/

「ま~。そんなところです、けど、それが、何か?」( ̄▽ ̄;)

「もういいよ!黙れ‼」(^3^)/

「そんな言い方無いでしょ‼」( ̄▽ ̄;)

「まぁまぁ!俺は、お前と喧嘩しに来たんでは無いのよ」(^3^)/

「仲良くやろうぜ」(^3^)/

「それは、そうと、誰なんですか?」( ̄▽ ̄;)

「早く言わないと、追い出しますよ!それじゃなくても、怪しいんですから」( ̄▽ ̄;)

「俺を追い出さない方が良いと思うね」(^3^)/

「何故なら、俺は、「お金仙人」何だから(笑)」(^3^)/

「嘘もいい加減にしてください!」( ̄▽ ̄;)

「一寸待て‼嘘じゃない!から」(^3^)/

「じゃぁ~。何か、証拠を見せてください!」( ̄▽ ̄;)

「証拠?」(^3^)/

「そうです。証拠です。例えば、お札を沢山持ってますか?」( ̄▽ ̄;)

「ああ~。そう言う事ね。」(^3^)/

「持ってるよ!」(^3^)/

「じゃぁ。見せてください!」( ̄▽ ̄;)

「。。。。。」(^3^)/

「帰って貰っていいですか!」( ̄▽ ̄;)

「あるよ。あるよ。心配するな!君のハートの財布のなかに」(^3^)/

「。。。。。。。」( ̄▽ ̄;)

「寒いわぁ~」( ̄▽ ̄;)

「確かに最近は季節の変わり目だからな」(^3^)/

「そうじゃなくて‼」( ̄▽ ̄;)

「取り合えず、温かいモノを飲もう」(^3^)/

「大体、お前達は、何か!?神様が来たら身分証明書の提示を求めるのか?」(^3^)/

「そんなもん無いぞ!」(^3^)/

「そんなんだから、お前はチャンスとか運とか逃がすんだよ」(^3^)/

「あんたが、怪しいからです」( ̄▽ ̄;)

「コヒー入りましたよ!」( ̄▽ ̄;)

「これは、失敬!」(^3^)/

「で!お前は、俺に何を聞きたいの?」(^3^)/

「えっ!聞きたいこと!?」( ̄▽ ̄;)

「いきなり‼」( ̄▽ ̄;)

「そうだよ!俺は人気者だから忙しいんだよ!」(^3^)/

「。。。。。。。。。」( ̄▽ ̄;)

「お前は、とろいと言うか、要領悪い所か要領無いね~(笑)」(^3^)/

「じゃぁ~。俺から教えてやるよ!」(^3^)/

「は、はい!お願いします。。」( ̄▽ ̄;)

「お金は、ただのモノ!!以上!」(^3^)/

なんだ、この勢いある感じ、そして、この空気を読まない奴は

そして、お金仙人と言うこの人の図々しい感じは、

少々、困らせる質問攻めにしてやり、帰らそう。。。

そうだ、そうしよう。

「俺、もう帰るよ!」(^3^)/

「えっ!もうですか!」( ̄▽ ̄;)

「一寸だけ、質問させてください!」( ̄▽ ̄;)

「いいよ!」(^3^)/

こいつは、いい奴なのか?単純な奴なのか?

次回、ゆっくり質問しようとしよう。。。