読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根暗仙人の話。No.4 タオの中道を歩く 最終章

僕はどうしても、納得が出来ずに、

根暗仙人に詰め寄っていた。

開運グッズを買っても意味はなく、

同時に悲運も待ち受けていると言う

タオと言う、宇宙の法則は、絶対であり、

開運も悲運も1対で、

それらを認識してるのは、人間本人だと言う。

詳しくは、

サイドバーの「仙人の警告!」「根暗仙人の話」

No.1,2,3を読んでください。


慌てた僕に、根暗仙人から、タオクッキーを差し出された。

f:id:joto5482:20151105211014j:plain


「少しは、落ち着いた?」(-_-)

「僕は何時だって、冷静だよ。」( ̄▽ ̄;)

「あら!そうだったかしら(笑)」(-_-)

「いいから、話を続けて!」( ̄▽ ̄;)

「いいわ」(-_-)

「多くの人は開運や陽を好むよね」(-_-)

「そして、陰に居ると無理にポジティブになろうとするね」(-_-)

「でも、無理にそんなことを考え無くても、大丈夫なのよ」(-_-)

「陰に居るときも、陽に居るときも、
普段と同じ様に過ごしていればね」(-_-)

「又、陽を買い漁り、陽に憧れなくても、あなたに陽は必ず来る」(-_-)

「それが、宇宙の法則だから。」(-_-)

「ただ、降り幅の遠い所に居ると反動も大きくなる」(-_-)

「それは、どう言う意味?」( ̄▽ ̄;)

「極端に遠い陰に居るならば、極端に良いことがある。」(-_-)

「あなたが、極端に深い闇に居れば、そこから、抜けたときに、
極端に良い陽が待ち受けている。」(-_-)

「振り子と同じなのよ」(-_-)

「人生がまるで、ジェットコースターの様にね(笑)」(-_-)

「なるほど」( ̄▽ ̄;)

「あなたが、言う陰は経験したくないと言うのも、
わからないでもない」(-_-)

「そうでしょ!」( ̄▽ ̄;)

「回避は出来ないけど、過ごし方はある」(-_-)

「そらきた!教えて。」( ̄▽ ̄;)

「あなたの考え方を中道にする事」(-_-)

「何?中道って?」( ̄▽ ̄;)

「このタオのクッキーで言う、真ん中の線を歩く事」(-_-)

「なるほど、そうすれば、陰陽に左右されないね」( ̄▽ ̄;)

「しかも、宇宙の法則により、陰も陽も経験してる」( ̄▽ ̄;)

「でも、それだと、喜びも悲しみも半減しない?」( ̄▽ ̄;)

「喜びも悲しみも、あなたの経験する事象
感情を注入してるに過ぎないのよ」(-_-)

「それに、もし今、あなたが、深い悲しみにあるなら
その深さと同等の喜びが来る!から良いじゃない」(-_-)

「ま~~。確かにそうだけど。。。」( ̄▽ ̄;)

「あなたの言いたいことは分かるわ(笑)」(-_-)

「あなたが、言いたいのは、例えば、絶頂期の陽に居たときに
その同等の深さまで、落ちたくないって事でしょ。」(-_-)

「そう!それ!」( ̄▽ ̄;)

「だから、何時でも、中道を歩きなさいと言ってるのよ(笑)」(-_-)

「中道を歩くと言う事は、
あなたに起こる事象を客観視出来るようになるのよ」(-_-)

「言うなれば、自分の居る所を冷静に判断出来るようになるの」(-_-)

「あなたが、陰に居れば、あ~。もうすぐ陽が来るんだと思えるし」(-_-)

「陽にいれば、今は自分が陽に居るから少し周りを見ておこうってね」(-_-)

「陽にどっぷり浸かってると周りが見えなくなるのよ」(-_-)

「そして、本人が気付かないうちに、
突然かの様に陰に入り込むと錯覚する」(-_-)

「陰にどっぷり浸かってると、何かにすがりたくなる。」(-_-)

「中道を歩けば、それらを冷静に判断出来るから、心は安定する」(-_-)

「あなたが言う、陰は嫌だ!と言うのは、こう言う事なのよ」(-_-)

「心の安定が無くなり、不安定になること」(-_-)

「それは、すなわち、感情に左右され、
感情に飲み込まれ、支配される事が嫌なだけ」(-_-)

「だから、何時でも中道を歩き、そこで、一喜一憂すれば良いの」(-_-)

「それが、悟りでもあるのよ」(-_-)

「そして、最後に1つ」(-_-)

「あなた達は、欲が尽きることが無いでしょ」(-_-)

「この位で、丁度良いと思うことも大切よ」(-_-)

「実は、そこに幸せが潜んでるのよ」(-_-)

「実は、これ位で丁度良い所に開運があり、開運だった事に気付くのよ」(-_-)

「幸せなのに、もっと幸せにと考えて、
今の幸せだった所を見過ごしてるのよ」(-_-)

「私は、あなたと話せて幸せでしたよ」(-_-)

「開運グッズを買うよりもね。(笑)」(-_-)

「ありがとう!大切なことを教えて貰えたよ!」( ̄▽ ̄;)

「この開運財布は返品してくるよ!」( ̄▽ ̄;)

「返品しても、お金は返って来ないよ(笑)」(-_-)

「本当に!」( ̄▽ ̄;)

「でも、持っていても意味無いものね(笑)」( ̄▽ ̄;)

「じゃぁ~!私に頂戴!」(-_-)

「いいけど、開運の意味無いし、こんなんで良いの?」( ̄▽ ̄;)

「うん。良いの。」(-_-)

「その財布が欲しいのよ」(-_-)

「何で?」( ̄▽ ̄;)

「開運財布だから」(-_-)

「えっ!」( ̄▽ ̄;)

「お前、根暗仙人じゃないだろ!」( ̄▽ ̄;)

「あらての、詐欺しか!」( ̄▽ ̄;)

「財布ありがとう!」(-_-)

走り出して行ってしまった。。。

「レナさんに宜しくね~~!(笑)」(-_-)

遠くから、根暗仙人が叫んでる。

「何で?あいつが、レナのこと知ってるんだろう?」( ̄▽ ̄;)

「やっぱり、仙人だったんだ」( ̄▽ ̄;)

「ひさよし!あれは、私の友達よ」(⌒‐⌒)

僕の意識に入り込むレナ異星人だ!

「そうなんだ、レナの友達だったんだ」( ̄▽ ̄;)

「財布取られたよ!」( ̄▽ ̄;)

「あまり気にしないでね。」(⌒‐⌒)

「次は陽が来るわよ」(⌒‐⌒)

「なら、いいや。」( ̄▽ ̄;)

「ひさよしは、単純ね!(笑)」(⌒‐⌒)

「アハハハ(笑)」(⌒‐⌒)




。。。。。お知らせ。。。。。


27年11月27日にて、静岡県磐田市で講演を行います。

詳細はこちら ↓↓

https://m.facebook.com/touzai.p/

御興味あれば、内容を確認の上、ポッチと参加お願い致します。

詳細を開いた上、お電話、メールでも、予約を受け付けています。

東京講演も追って、お知らせ致します。


遺品整理屋が感じる。

人生の闇と光

世の中の光と影

何てね。。。ガハハ(笑)