読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間は窮地に立たされて進化する。 特別編 僕がアレルギーが治った最大の理由!

レナ異星人に言われた通り特別編だ。( ̄▽ ̄;)

 

題名は「僕のアレルギーが治った最大の理由」

これは、絶対だ!  確信する!

 

何故なら、僕の実体験だからだ。

 

治したのは、病院の先生でもない、薬でもない。

何年間も通った病院では、僕の症状は、上手に病状と付き合って行く事が

答えであり、そう告げられていた。

 

しかし、奇跡が起こった!

数週間で完治した。

 

ちなみに、奇跡だと思ってるのは僕であり

レナ異星人と僕の妻は当たり前だと言う顔をしている。( ̄▽ ̄;)

 

その当時を振り返る。

 

僕の、この当時の症状はこうだった。

 

肌の全身炎症アレルギー、脱毛と円形も見られた。

そして、心身障害に、自律神経もやられてた。( ̄▽ ̄;)

今、考えても、良く生きていると思うほど酷かった。( ̄▽ ̄;)

 

食事は何時も、あるもので済ませていた。

とは言っても、僕は、料理が出来るほど、器用ではない。

 

そもそも、僕は、幼少頃から死んだ親父の家訓で

男は台所に立つんではないと言う教育を受けてきた

即ち、包丁も触れないし、料理事態が何が何だか解らない。

 

余談だが、過去に家庭科の実習で、料理をすると言うと

僕の親父は当時、露骨に嫌な顔をしていた。

 

お袋が、しょうがないじゃないと言うと、僕の親父は

渋々、何事も経験だと折れていた。

そのくせ、キャンプが大好きで、率先して、火をおこし、

飯ごうで、御飯を炊く。

それでも、野菜を切るのは、お袋だった。

僕達子供たちは、兎に角、自然の中に冒険してこいと

まるで、ガキ大将だった。

木から降りれないで、飛び降りて骨折すると

誉められた。

お前は度胸と根性を身に付けた、お前は男だと、頭を撫でられた。

この様な時の、お袋は、近くで必ず溜め息を付いていた。

それに、気付く親父は、必ず、女は黙ってろと一喝する。

お袋は、そんな親父に馴れたもので、肩をすぼめて、僕に笑いかける。

お決まりのパターンだ。(笑)

だから、僕は、怪我するたんびに、誉められる。

難点は、痛いことだ。( ̄▽ ̄;)

御掛けで、少々の痛みは今でも、平然としていられる。(笑)

 

今、考えると笑ってしまう。

 

話を戻す。

この当時の僕の食は、安売り弁当や、コンビニ、外食店

外食店では、多くは、安くて早い、牛丼、カレー、立ち食いだった。

そんな僕は、月末になると、食費を削るために、食パンをかじったりと

何とも情けない、その日暮らしだった。

 

それでも、僕は、この命、何時尽きても、それで良いと思っていた。

それが、僕の運命なら、そこで終らせれば良いと腹もくくっていた。

 

ある日、僕の現在妻である、当時、彼女が、電話で、僕が普段、

何を食べてるか聞いてきた。

僕は正直にその日の献立と、これから、3日間の献立を伝えた。

何故なら、この時の献立は、非常にシンプルだった。

 

今、お金が無いから、6枚切りのパンを繋げると伝えた。

彼女は唖然と( ; ゜Д゜)としていた。(笑)

 

そもそも、この当時僕は、食に興味がなかった。

食事も1日1食で、それは今現在も続いていて、30年位続いている。

 

それでも、よく、レナ異星人と彼女には心配されていた。

その心配は、食べる回数ではなくて、食べているものでもなくて、

食べ物に使われている食材と調味料だった。

 

彼女は、流石に、危機感を覚えたのか、今すぐ、チルドで

お米と、おかずを送ると言ってくれた。

もちろん、僕に料理が出来ない事を承知してるので、彼女が作った料理を

僕は、解凍するだけで、良い様に工夫してくれた。

 

僕は、願ったり叶ったりで、御礼を言った。

まだ、この時は、病状に変化はない。( ̄▽ ̄;)

 

送られて来た、御飯の事は今でも忘れない。

 

食べたら瞬間、涙が滲んだ。

 

こんなことは信じられないと思うかも知れないが、事実だ!

 

僕は、御飯の無限の可能性と、幸福を味わって、涙流すのは初めてだった。

ふっと。今まで、僕は、何を食べていたのだろうかと訳の解らない疑問も湧いた。

 

僕は、彼女に電話して、何故?

こんなにも、美味しいのか聞いた。

 

 

彼女の言う事には

全てが自然食で、愛情が入っていると言った。

 

まー。愛情は当たり前だと感じた。

何故なら、僕も彼女もお互い好きだからだ。(笑)

 

しかし、彼女の言う愛情はそれだけではなかった( ̄▽ ̄;)

 

それらを、育て作り上げた生産者の愛情もあると彼女は言った。

頭を下げるしか無かった。( ̄▽ ̄;)

 

多くの調味料や味を付けるものや整えるものは、遺伝子組換が元で

化学調味料に形を変えているという。

 

素材になる食物は、農薬と化学肥料により、作物は変化してしまっている。

 

提供する方は、コストダウンと、綺麗で、簡単と言った所で、

大量生産する。

 

求める、消費者は、綺麗で簡単、便利と安い、味も同じと言った所で

消費するのだろう。

 

僕は、金槌で、頭を叩かれた。

 

そんな、彼女の食事を3日間位続けると、あることに気付いたんです。

 

間食をしなくなった。

御菓子やジュースを食べなくなった。

身体と脳が欲しがらないのである。

 

後で聞いたが、それらは、ある意味麻薬と同じで、

何度も食べたくなるよう味付けされており、食べたくなるようだ。

 

僕は、痩せた!

でも、体重は以前と変わらない。

下痢も収まった!

 

現在の妻は言う。

痩せたのは、むくみがとれたのであると、下痢は腸が正常になったのだと

要は、過剰な塩分や糖分と油と化学が僕の体から抜けたと言う事だ。

 

気が付いたら、薬を飲み忘れ、薬を塗り忘れていた。

身体の炎症が治まっていた。

 

実に、その間、2週間である。

心身も良好、エネルギーが満たされる感じだった。

 

これも、後で聞かされるが、腸は第2の脳と言われる。

 

一ヶ月後には、髪の毛も生えていた。

髪の毛は2か月後には床屋で普通に髪を揃えていた。

 

今では、病院にも行っていない。

 

人間は窮地に立たされて進化する。