読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩仙人の話。 No.1

僕は昔、ぼっーと海を眺めながら、レナ異星人に、こんな話を聞いていた。

レナは、僕の意識に入り込んでくる異星人だ。( ̄▽ ̄;)

海の波は1分間に18回陸に寄せては帰すと言う。

そして、その1分間に18回は人間の呼吸の回数と同じだそうだ。

波と呼吸が1分間に18回を倍数にすると36になる。

この36と言う数字は人間の体温と同じになり

36の倍数は72になる。

72と言う数字は人間の脈拍数になり、更に72の倍数は144になる。

144と言う数字は血圧の数字を差し、144の倍数は288になる。

288は赤ちゃんがお腹の中にいる期間になり、とつきとうかで、

人間がこの世に誕生する。とレナ異星人は僕に教えてくれた。

目からうろこだった。( ̄▽ ̄;)

私たちは生みから進化して生まれたのだろうか?


ある日、僕は、焚き火を皆で囲んでいた輪に加わった。

ふと、隣を見ると、何やら、白髭のとても紳士と呼ぶには下をうつ向きたくなる様な

老人が、火を見ながら、僕と目を合わせた。

老人は僕に、火を見ながら、「火はエエなぁー」と呟きながら

僕の返事を待っていた。

僕は、戸惑いながら、空の月を見ながら、月も良いですね( ̄▽ ̄;)と答えた。

会話が途切れた。( ̄▽ ̄;)

今、考えると、それは老人の独特の間であって、気にすることは無かった( ̄▽ ̄;)

その時の僕は、何か気まずいと思い、会話をチェーンの様に切らせてはいけないと

思い、突破口を開くような質問を頭の中で、ひねり出していていた。( ̄▽ ̄;)

何か間抜けだ!( ̄▽ ̄;)

そして、ようやく見付けた言葉は、「何処から来たんですか」と聞いても

余り意味のない言葉を投げた!( ̄▽ ̄;)

老人は火を見つめたまま、海から来たと僕に教えてくれた。


僕は、思わず吹き出して笑った。

何故ならば、普通は東京とか東北のどこそこ的に地名を言うのが筋だろう。

だから、僕は、笑いながら老人に「海から来たって、何かボワッとしてますね」( ̄▽ ̄;)

「海は広いですよ」と少々軽い感じで老人に問いかけた。( ̄▽ ̄;)

すると、髭を撫でながら老人は北海道の方の海から来たと答えた。

その時は、名古屋で焚き火を囲んでいた。

飛行機で来たのであろう。

僕は、「遠くからたいへんですねぇ~」「何で来たんですか?」と聞くと

車で来たと言った。

僕は、驚いた!( ̄▽ ̄;)

この辺から僕は、この老人に興味をもたさられた。

「何しに、はるばる、こんな遠い所に来たんですか?」( ̄▽ ̄;)←一応聞いてみた。

何でも塩を売りながら、塩の誤解を皆に説いて歩いてると言う事だった。

そして、塩が売れると今日はご飯が食べれると思い

もうひとつ、塩が売れるとガソリンが入れられると喜ぶんだそうだ。

僕は、老人に、それをその日暮らしと言うんですよと老人は

そんな風に言うんだんなと自分の行動を振り返りながら、笑ってるようだった。

僕は、老人に聞いてた。

「塩を売るって?何か凄い!塩何ですか?」( ̄▽ ̄;)

「それは凄い!塩だ!本物だ!」φ(..)←老人の言葉に付けます。

「どう?凄いんですか?」( ̄▽ ̄;)

「私の海でもある、私の身体から採れた塩だ!」φ(..)

「よく理解できないんですが、衛生的に問題無いんですか?(笑)」( ̄▽ ̄;)

「私の身体は冗談だ!(笑)」φ(..)

「解ってます!」( ̄▽ ̄;)

「私の塩は自然と共にあり、月と共にある」φ(..)

何とも意味不明だ!

もう少し詳しく聞いてみたくなった。。。。。ガハハ(笑)