読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何のために生きてるのか分からなくなるんだ。

 

多くの若者が、

自分が何のために生きてるのか解らなくなる時があると思う。

心配することはない。

大人と分類される、

僕だって、何のために生きてるのか解らなくなる時がある。(笑)

笑えないか( ̄▽ ̄;)

でも、笑えるでしょ。

いい大人が言う言葉ではないものね。

一般的には、大人がそんなことはあまり口にしないものね。

例えば、

僕はさぁ。

結婚と離婚と繰り返していて、そのたびに、子供のため

妻のため、家族のためと自分なりに生きていたのよ。

でも、何時だって、家族のためになってなくて、

砂を噛み締める思いで踏ん張ってきた。

結果は何時も惨敗で、もちろん、働いても、惨敗で

涙も渇きでる水分もない位にね。(笑)

決まって、来月はと奮起して、来年はと夢を語ってたよ。

ま~。

何時も決まって言われるのは、あなたは結婚に向いてないと言われてた。

 

結局最後はあなたは自分の好きな事ばかりしていて、

私達を振り回さないで!何て言われてね。(笑)

もちろん、言い返す言葉も無い僕だから、

今だって、たいした大人になってない。(笑)

 

だけどね。

そんな僕でも、子供達の事を今でも、思うのよ。

何してるのかなぁ~。とか

夏休みは何処に行ったのかなぁー~。とか

運動会の季節だな~。とかね。

だからね。

あなたの存在する意味何て、あなたは考えなくて良いのよ。

あなたが生きてることを想像している人も

あなたの事を胸に秘めて生きてる人も居るんだから。

 

あなたが今、どんな状況に居ても

あなたの事を祈ってる人が必ず居るのよ。

そんな僕は、祈るしか出来ないけどね。

 

ゴメンね。

祈るしか出来なくて。。。。