読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己の声が僕に死を宣告するNo.3 監督が言う第2チャクラとは?

 

ガルウィング長谷川監督は言う。

「私は、撮影中、こんな不思議な体験も見てきた」

 

「人間の持つチャクラーが開いた瞬間だ!」

 

チャクラー?( ̄▽ ̄;)

又、ワケわからん言葉が出てきた。( ̄▽ ̄;)

 

「チャクラとは」

「チャクラとは、サンスクリット語で「車輪」や「回る」を意味する。」

「生命活動や精神をコントロールするための重要なエネルギー・センターだ。」

「人間や動物の体には、中心線に沿って精神エネルギーの中枢となる「7つのチャクラ」があるんだ。」

 

「そして、私が見たのは、この人間が司る、第2チャクラーが開く瞬間だ!」

 

強く、主張してるみたいだけれども、第2チャクラって何処?( ̄▽ ̄;)

 

「何も知らない奴だな!君は!」

 

「第二チャクラとはヘソの下(丹田)から仙骨に位置している。」

「主に肉体的欲求、感受性を司る。」

「活性化すると、創造力や生きる喜びが高まると言われている。」

 

なるほど( ̄▽ ̄;)

それで、

ガルウィング長谷川さんは撮影中にその第2チャクラが開く瞬間を

見たんですね( ̄▽ ̄;)

 

 

「そうだ!、それも、1度ではない!」

「聞きたいか?!」

 

そりゃぁ!!聞きたいです!( ̄▽ ̄;)

どうなるんですか?( ̄▽ ̄;)ワクワク。

 

「それは、あるシーンを撮影中に起こった。」

「ベットシーンだ。」

「二人が見つめあった瞬間だ!」

「男は射精し、女は絶頂を向かえる。」

「一瞬の出来事だ。」

 

それは。。本当に!?( ̄▽ ̄;)

御互いに、そ。う。ろ。う。では、、、( ̄▽ ̄;)

 

「いや、それは違う」

「御互いに演じるプロだ。」

「私も、それが、嘘か本当かは、判断できる。」

「演じるプロを見極められなけば、監督は務まらない」

「そして、君は!判断するな!」

 

そうか、僕は、

ガルウィング長谷川監督の話を判断して聞いていた。( ̄▽ ̄;)

 

そんな、2人で、会話をしていた。

そして、しばらくした、ある日、僕の頭を過る。

 

「お前の映像を撮れ‼!」

それは、紛れもなく、僕の自己の声だった( ̄▽ ̄;)

 

僕は、ガルウィング長谷川監督に正直話した。

断られたら、自画撮りするつもりだった。( ̄▽ ̄;)

 

 

ガルウィング長谷川さんは

「おもしれぇ~!」

「何が、どうなるか、解らないが、君の言う事に乗った!」

と言ってくれた。

 

どうなるか解らないが、現在、進行中だ!( ̄▽ ̄;)。。。ガハハ(笑)

 

ありがとう!

ガルウィング長谷川監督!(^_^)/□☆□\(^_^)