読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が遺品整理屋な理由。シーズン2ー6

今の時代の商品、サービスの売り方は

不安を助長するか、楽しさを倍増させるか
安さ、便利さを煽るかとそんなところだ。

不安は予防と言う言葉に、言い換えられる事もしばしばだ。




前回の続き↓
   ↓
joto5482.hatenablog.com




あの日、僕は、前日に挨拶状を創った。

僕のアイテムは、これだ。

チラシ

干支のスタンプ

メモ用紙的な付箋

クリアーファイルである。

チラシに干支の版を押し

干支の入ったチラシを10数枚、クリアーファイルに納め

付箋には、重要・届け物と記載してクリアーファイルに

張り付けた。

これをワンセットにして、30セットを持ち

各階のオフィースに飛び込んでいった。

僕は地区の担当になった旨を伝え

挨拶状と言う名のクリアーファイルのチラシを渡した。

この挨拶状を渡すときに

1セットには付箋がしていなく

重ね下に、重要、届け物の付箋がしてあるファイルを

相手に分からないように渡した。

f:id:joto5482:20161206140112j:plain

内容は全く同じもので、
付箋がしているかしていないかの違いである。

ここまで、読んだ、あなたは、開いた口が塞がらないだろう(笑)

ただ、それだけ(-_-;)

期待させて、偉そうなこと言った事を僕は後悔する(-_-;)

そして。。。。すみません。

しかし、気を取り直して、もう少しお付き合い願いたい。

もう無理か!(-_-;)

そんな事を言わずに。。。。頼む(-_-;)

チラシ入りのファイルである。
挨拶状を渡すときは、こんな風に言う。

つまらないものですが、
この御祈願したチラシを社員様1人1枚お渡しください。

僕の仕事の内容はどうでも良いので、
とにかく、皆様に1枚づつ持って貰ってください。

主に金運が上がるか人によっては、2・3習慣の間に
良いことが起こりますからと伝え

実は、この挨拶状を作るに当たり
かの、知る人ぞ知る「しょうどう氏」による
御祈願をお願いして、干支のスタンプが押してありますので
結構、チラシにお金と時間をかけていますと伝えた。

そして、
既に、
何人かの人からのお礼の言葉を貰っていますと渡していた。。


ここで、解説しよう!!

しょうどう氏とは、
何を隠そう僕だ(-_-;)

そう、
「じょうとう」の濁点を「しょうどう」と入れ換えた。
知る人ぞ知る、人物は僕(-_-;)

でも、
僕は一生懸命、
チラシ1枚1枚に、祈りを込めながらスタンプを押した。
腕がちぎれるくらいに(T_T)

恋愛運やギャンブル運と運には色々ありますが
会社で働く人に取って金運は大事な運の1つでは無いでしょうか?
運の中でも上位にランクされる。

そんでもって、
人間は、見えないものは確信が持てないから
あまり全否定もしない。

それに、人は探そうと思えば1ヶ月もあれば
良かった事の1つや2つはあるもんだ。
そのキッカケを作るのが僕の渡したチラシになる。

名にか、ブログも炎上しそうだ(-_-;)

訪問する
 ↓
挨拶する
 ↓
祈願付きチラシを渡す
 ↓
チラシが皆に行き渡る
 ↓
そうやすやとチラシを捨てることは無い
 ↓
何か必要な場面で僕のチラシが目に入る
 ↓
僕に相談が来る

こんな流れが出来たわけだす。

何か殺気を感じるんですが。。。(-_-;)
気のせいですよね(-_-;)。。。。


そんで、もって、2枚、わざと間違えた付箋付き
クリアーファイルが更にジャブを打つ事になる。

「人は他人の評価で自分が決まる」作戦へと移行する。

それは、次回にでも。。。ガハハ(笑)