読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

整理・片付けする側も高齢化になっている

本日の仕事内容だ。

1人暮らしの83歳の方が病院に入院した。

認知症だ。

身内は遠方に住んでいて、その身内も高齢だった。

見積の立ち会いは行政の福祉課だった。

高齢の身内は、肺炎になってしまい緊急入院してしまった。

おそらく、認知症の方も肺炎になってしまった方も

行政の福祉課の人も予期せぬ出来事だったと思う。

f:id:joto5482:20160205164859j:plain

でも、本当にこれらは、予期せぬ出来事だったのだろか?

自分をよく見つめ、見直していれば、

予期せぬ出来事じゃ無かった様に思う。

決して、将来を心配しろと言ってるのではない。

僕が言いたいことは、考えることを辞めないでと叫びたい。

TVやドラックストアー何かの情報に溺れてたら

考える事が出来なくなり、自分の命は永遠じゃないか

そこまで大袈裟じゃ無いけど、自分はまだ大丈夫だと考えてない?

自分の年齢と身体が他人事の様にね。

自分の事を考えないから、本当は徐々に衰えが来てるのに

ある日、突然の様に感じてしまう。

もちろん人の繋がりも無いと、人間の死も現実では無くなり

想像の世界でおとぎ話の世界にもなってしまう。

あなたが、植木の世話が好きなのに、何故か植木に手を入れるのが

面倒になったりしてない?

f:id:joto5482:20160205171512j:plain

f:id:joto5482:20160205171557j:plain

あなたが、歳を取れば、回りも、植物も歳を取るんだ。

歳を取ると、今までやって来た事が面倒になるんだ。(笑)

そんな時は、どうか自分と向き合って

死と言う新しい扉を開ける向こう側を想像してみて

その素晴らしい扉の向こう側に行く為に

今の御部屋や周りの人の事を想像して見てね。

やること、考える事が面倒出はなく

行動しなくてはと心から思えるから。

こんな僕だって、今日は昨日になるし

明日はどうなるかなんて分からない(笑)

今はそれらを一緒に考えてくれる人もいるからね。

例えばね。

あなたが、2周間海外旅行に行くと決めて

新しい扉の向こうを想像するでしょ。

そしたら、色んな準備をして、

当日は洗濯物を雨に濡れないように取り込んで

植木に水を上げてと準備をするでしょ。

そんな感覚で良いから、少し考えてみて。

きっと、心が喜ぶよ。

そして、行動すれば、不安も無くなる。

最期は自分の納得行くようになるよ。

今回のお客様は突然だったから

納得行く自分の物が病院には何もなかったし持って行けなかった。