読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せの果て。。。(⌒‐⌒)No.3

どうやら、
レナ異星人の言うには僕達は空間と時間に縛られていると言う。

幸せとどう繋がるのか。。。全く理解できなかった。

そして、僕達は肉体が滅びても永遠に不滅と言う事もだ。

これでは、僕は何故?ここに生を受けているのかさえ解らなくなる。

それでは、ひさよし続きを話しましょ(⌒‐⌒)

レナ異星人だ!( ̄▽ ̄;)

レナ!何だか僕はどうでもよくなってきたよ( ̄▽ ̄;)

レナの言う事は、深すぎて僕の存在事態所か
人間の存在から誕生と考えると止めどなく広がりすぎて
どうすれば良いのやら。。( ̄▽ ̄;)

そうね。(⌒‐⌒)

でもね。ひさよし、これらの事は非常にシンプルなのよ(⌒‐⌒)

本当は極めてシンプルなのに、あなた達、人間は複雑になりすぎて
解らなくなるなってしまってるのよ(⌒‐⌒)

例えばね。(⌒‐⌒)

あなた達は、過去、生まれ前の自分を知りたがったりするね。(⌒‐⌒)

生まれる前の自分は何者だったかとね。(⌒‐⌒)

しかし、肉体が滅びた後の事は、あまり考えないね(⌒‐⌒)

つまり、あなた達がホーカスしているのは何時でも自分であり己(⌒‐⌒)

すなわち、皆1つの繋がりを無視して、分離した自分だけを見ているね(⌒‐⌒)

そして、あなた達は、自分に使命があると信じて疑わない(⌒‐⌒)

その使命は自分に己だけに課せられる重要な事項だと考えている(⌒‐⌒)

やがて、それは自己中心的な考えになり、エゴや欲が付いて回り(⌒‐⌒)

自分が神になったように振る舞い、酷いときには、自分は皆の神だと
騒ぎだす(⌒‐⌒)

そして、人を集め、階級を創り、争いをはじめ、文明が滅びる(⌒‐⌒)

地球の上は、何度も、それを繰り返している。(⌒‐⌒)

そして、今、その時期に到達しようとしている。。。(⌒‐⌒)

あなた達の創る階級の上に行けば行くほど、時間と空間に縛られ
文明が滅びる事を知りながらも気付かない振りをして、踊り呆けている(⌒‐⌒)

そして、怯えている(⌒‐⌒)

決まってこう言う。(⌒‐⌒)

そんな事は解っている、でも、それは出来ないと(⌒‐⌒)

そして、次に言う台詞は、こんな言葉で締めくくられる(⌒‐⌒)

他に、もっと良い方法があるはずだ。。と。。(⌒‐⌒)

何故なら、自己を守り、手放したくないものがあるからだね(⌒‐⌒)

ねぇレナ!( ̄▽ ̄;)

文明が滅びる前に、何とかならないの?( ̄▽ ̄;)

。。。。。。(⌒‐⌒)

無いの!!嘘だろ!!( ̄▽ ̄;)

何時の時代でも、革命は階級の下から始まるってるのよ(⌒‐⌒)

世の中が変わる時は時間と空間の縛りが少ない所から(⌒‐⌒)

そして、今までは、争いが始まる(⌒‐⌒)

それでも、治まらないときは、地球が手を下してきた(⌒‐⌒)

もし、何とかしたいならば。。(⌒‐⌒)

何!どうすれば良いの!( ̄▽ ̄;)

女性達の力を最大限活かすことね(⌒‐⌒)

女性の愛の力をね(⌒‐⌒)

基本的に女性は階級等には縛られない強い意思を持っているのよ(⌒‐⌒)

なるほど。。( ̄▽ ̄;)

所で幸せの果ては。。。( ̄▽ ̄;)

そうだったわね(笑)(⌒‐⌒)

続きは次回話すわ(⌒‐⌒)

またかい!!嘘だろ!!ガハハ(笑)( ̄▽ ̄;)