根暗仙人の話。 No. 3 宇宙の法則「タオ」

「お待たせしました。」( ̄▽ ̄;)

「ありがとう!」(-_-)

「熱いから気を付けてね」( ̄▽ ̄;)

「私達、何だか、恋人同士みたいね。」(-_-)

「う。うん。そ。そうだね」( ̄▽ ̄;)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は、ひょんな事から、根暗仙人と出逢い、開運について

根暗仙人の女性にコーヒーを飲みながら説明を受けることになった。

いきさつは、サイドバーの「仙人の警告!」根暗仙人の話。No.1を

読んでください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「それじゃぁ~~。私のクッキーを召し上がれ」(-_-)

f:id:joto5482:20151103200159j:plain

「な。な。何?!このクッキーは?」( ̄▽ ̄;)

「これ、君が作ったの?」( ̄▽ ̄;)

「そうよ。味にも自信あるわよ。」(-_-)

「何んて、言う名のクッキーなの?」( ̄▽ ̄;)

「そうねぇ~~。敢えて、言うなら」(-_-)

「タオクッキー」(-_-)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そう言えば、以前、レナ異星人から、タオが何とかと聞いていた。

ここで、タオの事を知る事になるとは、予想もしていなかった。

詳しくは。。サイドバーの「レナ異星人との対話」の中の

「今、地球で起ころうとしていること」より。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


僕は、取り合えず、この変わったクッキーを1枚口に入れた。

「旨い!」( ̄▽ ̄;)

甘い味と塩の味とが絶妙にまざりあい、

口の中で、ちょうど良い美味しさで、溶けていく。

「これ、コーヒーと合うし最高だね」( ̄▽ ̄;)

「でしょ!(笑)」(-_-)

「しかし、このデザインも君が考えたの?」( ̄▽ ̄;)

「あなたは、タオを知らないの!」(-_-)

「何それ?」( ̄▽ ̄;)

「驚いた!そんな人が居るのね~」(-_-)

「悪かったね。知らなくて。」( ̄▽ ̄;)

「だいたい、何なのよ。その、タオって?」( ̄▽ ̄;)

「そして、そのマーク見たいなモノに何か意味があるの?」( ̄▽ ̄;)

「おおありよ」(-_-)

「簡単に言えば、宇宙の法則を現してるのよ。」(-_-)

「黒色が陰を示し、白い部分が陽を示すのよ」(-_-)

「宇宙の法則を形取っているの」(-_-)

「そして、それは、絶対であり、普遍なモノなのよ」(-_-)

「この法則は誰にも変えることは出来ない」(-_-)

「あそこで、開運グッズを買い漁るのは、それを忘れて、「陽」だけを求めてる」(-_-)

「待って!」( ̄▽ ̄;)

「それでは、僕の買った財布はどうなるの?」( ̄▽ ̄;)

あっ!僕は、彼女に開運グッズを買ってない事にしていた。。。。

「アハハ(笑)やっぱり、買ってたのね」(-_-)

「その財布に、陽も陰も関係無いわよ(笑)」(-_-)

「だって、買うときに聞いたんだ!」( ̄▽ ̄;)

「この財布は、成功者、大富豪のモデルだと」( ̄▽ ̄;)

「そうなのね(笑)」(-_-)

「さっきも言ったけど、宇宙の法則は陰陽1対なのよ」(-_-)

「その大富豪だって、成功者だって、陰の部分を経験してる」(-_-)

「絶体に!(笑)」(-_-)

「それをあなた達は、人の「陽」の部分しか見ない」(-_-)

「愚かね。。。アハハ(笑)」(-_-)

「あなた達は、「陰」を排除しようと一生懸命ね(笑)」(-_-)

「まるで、悪霊をとり払うかの様に」(-_-)

「じゃぁ~。それを「陰」どうすれば避けられるの?」( ̄▽ ̄;)

「それは、受け入れるしかない」(-_-)

「だから、嫌だ!」( ̄▽ ̄;)

「東京の電車の路線図も、このタオを形取り電車を走らせているのよ」(-_-)

「嘘だろ~!」( ̄▽ ̄;)

「山手線と中央線よ」(-_-)

「本当だ!」( ̄▽ ̄;)

「ピッタリだ!」( ̄▽ ̄;)

「でも、白い部分と黒色部分にお互いの点が無いよ。」( ̄▽ ̄;)

「白い点が皇居を示し、黒い点が新宿を示す」(-_-)

開いた口が閉まらない。

「それまた、驚き!」( ̄▽ ̄;)

「あなたは、新宿に行っても楽しめる」(-_-)

「ま~ね。」( ̄▽ ̄;)

「皇居に行っても楽しめる」(-_-)

「あそこは、何か癒されるんだよね~」( ̄▽ ̄;)

「あれ?どっちも、良いじゃん」( ̄▽ ̄;)

「そう。あなたが、陰陽の感情を作り出すからね」(-_-)

「黒色の所に、白点はそう言う事なの?」( ̄▽ ̄;)

「陰の中にも陽の中に、相対する点が存在するのは」(-_-)

「陰の中にも陽が存在して、光があると言う事」(-_-)

「即ち、それが、あなたに取って、ギフトになり、光になる」(-_-)

「良く分からないなぁ~」( ̄▽ ̄;)

「闇の中でも必ず光と遭遇する」(-_-)

「そして、「陽」に気付き陰から抜け出せる」(-_-)

「同時に、陽の中に身を置くと「陰」が忍び寄る。」(-_-)

「絶体に!」( ̄▽ ̄;)

「しつこい!絶体に!」(-_-)

「経験し遭遇しなきゃ駄目?」( ̄▽ ̄;)

「自然と宇宙の法則は変えられないのよ」(-_-)

「どうする!闇仙人?」( ̄▽ ̄;)

「あのぉ~。」(-_-)

「私は闇の仙人じゃないわよ。」(-_-)

「根暗仙人よ」(-_-)

「間違えた!」( ̄▽ ̄;)

「どうしよ。どうしよ!」( ̄▽ ̄;)

「怒ってないわよ(笑)」(-_-)

「そうじゃないよ!」( ̄▽ ̄;)

「どうしたって、「陰」を経験するんでしょ」( ̄▽ ̄;)

「あんた。私をレディーとして、認識してないでしょ!」(-_-)

「ゴメン。取り乱してた」( ̄▽ ̄;)

「ま~。いいわ」(-_-)

「慌てないで、まだ、話の続きがあるから聞いて?♨?」(-_-)

「少し、落ち着いて、クッキーでも食べて」(-_-)

「次回に続きを話すわね。」(-_-)