読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

御部屋で捜し物を見つけ出したい時

僕達は御部屋の整理屋だ!(⌒‐⌒)

お客様から、何かを見つけ出してほしいと言う御依頼もある。

殆ど、高い確率で、探し物は見付かる。(笑)


ある意味、御部屋のなかの探偵だ。。。ガハハ(笑)←高笑い

そんな探し物をさがしだす手順をひっそりと教えよう!←上から目線(笑)

まず、お客様から、探しだすものの詳細を聞く。

これは、当たり前だ。(笑)

その探し物がありそうな場所に当りを付ける。

ここからが、少し多くの人と違う行動をする。

ある意味、ポイントだ!(⌒‐⌒)

探し物を一旦忘れる。

極端に言えば、気持ちの上で、探すのを辞めてしまうのだ。

執着していたものを手放し、自分を解放するのだ。(⌒‐⌒)

何故なら、これは、何にでも言えることだが、そのものに対して

固定された、概念や探しだす事に執着すると、それだけに躍起になり

焦りを感じて、他の情報を見落としてしまうからだ。

例えば、冷蔵庫の中のマーガリンを探すことに集中してしまうと

目の前にマーガリンがあるのに、マーガリンが無い無いと探してしまう。

もしくは、違う容器に移し変えられてる事も気付かずに

市販のネオソフトマーガリンの容器を意識して探すことになる。

これこそが、正に、固定概念だ!(笑)

だからね。

一度、思考のなかで、探すのを辞めてしまうのだ!

そして、次にやることは、整理整頓なのだ。(笑)

これは、一石二鳥と言った所だ。

探し物をしながら、御部屋の整理をするのだ!

こうすると、大方探さなくても自然に探し物が出てくる。

これで、出てこなければ、焦ることはない。

整理した物をもう一度見返せば、大体出てくる。

もし、出てこなければ、そこの空間には無いと言う事だ。

違う御部屋を整理すれば良い。(⌒‐⌒)

ちなみに、整理とは、

カテゴリー別に仕分けすることだ!\(^o^)/

本は本、CDはCDと言った感じだ。雑貨は雑貨みたいにだ。

これを繰り返せば良い。(⌒‐⌒)

すなわち、

探し物は、御部屋の整理をするチャンスであり

整理しなさいと言うサインなのかもしれない。

多くの人は探し物を探すので、何度も同じところを探し続け

時間の浪費と神経のイライラとストレスをかかえてしまうのである。

。。。。ガハハ(笑)(⌒‐⌒)。。。。。