読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記事の反響のお礼

多くの人から、記事に付いて、シェア、いいね。コメントを
頂き、本当にありがとうございます。
お御礼申し上げます。m(._.)m

現代の時間の速度は尋常では無いくらいに速く駆け抜けていきます。

その速度に追い付けなければ、落ちこぼれになり
やがて、社会からつま弾きにされ、おいてけぼりとなる。

便利は豊かさを生み、効率を唱え、割りきれない感情を
四捨五入されて、その違和感に蓋をしてでも、
適応しなくては生きていけない。

染み付いた行動に生き方を変える事も出来ずに
ただ、傍観して、対応していかなければ、
マニアル通りには行かない。

僕は、この記事の取材を受けさせて頂いた事で、
僕が、現場で感じてる事を話、警笛を鳴らしたい気持ちでした。

記事の内容にある通り、1人1人に大切な時があり、
人それぞれに、時間の流れがあることを
僕は仕事をしながら痛感しています。

僕達は遺品整理屋です。
便利さの犠牲のもと、孤独に亡くなる方もいます。

効率の犠牲に泣きながら立ち止まっている方もいます。

社会やコミニティーからつま弾きにされ自殺する方がいます。

目的や目標に速く到達することは
決して悪いことではありません。

到達場所まで、一番早い乗り物に乗ることは同時に
目的地までの道のりで、素敵なものを見落してしまう。
窓の外は俊足の速さで過ぎていきます。

人生と言う長い時間を自分の為に大切にする人は
同時に周りを大切にしてるようにも見えてくるようです。
僕は、まだまだですが、( ̄▽ ̄;)
そんな、お客様は沢山見てきました。

効率や過剰な便利は、自殺者を呼び覚まし、
認知症にも導いてる様にしか僕には思えません。

そんな非効率な高齢者は僕たちに身体を張って
問いかけてくれています。

僕達も、いずれ遅い時間をの中で歳を重ね老いていきます。

もう少し心の速度を落とし、今を満喫すれば
心のゆとりも出来ると思います。

そんな心掛けで、両親に寄り添えれば素敵な事だと感じます。

遺品整理屋の独り言

kaigo.suumo.jp