読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yシャツとネクタイと男

確認事項だが、僕は遺品整理屋だ。

そして、実は実業之日本社から「親の家の片付け」と言うタイトルで、

本を出版している。

またも、この場を借りて、宣伝をさせていただき、ありがとうございます。\(^o^)/

僕達は、多くの人のお部屋を整理する。

当然だ( ̄^ ̄)

それが、仕事であるからだ。

男性のお部屋を整理すると感じることがある。

僕なりに、何故かを考えながら、作業がしていた。

だからね。

僕の考えが、決して、正解では無い。(>_<)

僕自身のに、置き換えて考えた。

むろん。僕も、Yシャツの数より、ネクタイの本数方が上回っている。

そのなかでも、お気に入りや、良くするネクタイは数本だ。

何か、勝負をすることはないが、大事な時などは、大好きな人や

大切な人から、プレゼントしてくれたネクタイをする。

勝負パンツみたいなものだ。(⌒‐⌒)

そして、僕の場合は、プレゼントしてくれた人が僕を考えながら

ネクタイの柄をイメージしながら、選んでくれたと思うと

その柄が何であれ、ハイセンスの様に嬉しくなる。(^_^)

そもそも、、僕は、洋服や色彩センスが無いことも伴っている。(笑)

それで、良く思い出してみた。

ネクタイで首を締めるて、シャキッとして、

もう一度言うが

ネクタイで首を締める行為事態、何かしっくり来ないネクタイはしたくない。

だから、僕の好意の持てる人で僕が納得出きるネクタイで首を締めたいと

感じている。

決して、首を締めると言う変な意味ではない(>_<)(笑)

そして、僕の場合のはネクタイを自分で買うと言う事事態が

恐ろしく少ないことに気付いた!

例え、自分で買うにしても、店員さんの意見を聞き入れている。

即ち、僕の持つネクタイは、誰かしらの想いと一緒に頂いている。

だから、ネクタイを手放す時に、誰からプレゼントしてくれたと

思い出してしまう。(笑)

そして、何となく、手放すことに罪悪感を感じずには居られない。

これは、僕からの、ささやかな、アドバイスだが。

ネクタイを手放す時は、極力、1人でした方が良いと思う。

例えば、妻と2人で、ネクタイを整理すると、

私が、あの時に的な会話になったり、

あなた、こんなネクタイを持ってたの?

これは何処で買って、誰にプレゼントされたの?

尋問を受けるならまだ良いかも知れないが。(笑)

心の底で、このセンスのネクタイはと

浮気的な誤解と想像を与えかねないからである。(>_<)

僕が、お客様と整理してる時に、聞く言葉は

あの人、こんなネクタイを何時、買ったのかしら?

あの人の、センスじゃ無いのよねぇ~何てね。

良く聞くのよ。( ̄▽ ̄;)。。。。。。ガハハ(笑)





感じると言っても、霊とか、そう言う事ではない。(笑)

良く感じると言うか、思うことで、気付く事がある。

それは、Yシャツの枚数より、ネクタイの本数が、何処のお家でも

大体だが、多い事の方が多い。(⌒‐⌒)

決して、悪いこと出はない。