読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が生前・遺品整理な理由 № 2

これは、過去に僕が書いていたブログを転送してます。↓↓

 

映画「岳」ご存じですか?

普段はヘラヘラしていて、初めて彼と出会った人は彼を誤解してしまう、
しかし、彼は過去に壮絶な経験( 体験 )をしていて、彼に助けられる人達は
自然と癒されてしまんです。

私はこの映画を通じて想いました。

哀しみを知らない(気付けない)人には人を癒せないと言う事。

かくして、私と友人は、何か起業しようと言いながら、

こんな毎日を過ごしていました。

夕方は立呑屋で一杯、頃合いを見計らって、キァバクラのはしご、

朝型車で1時間~2時間仮眠、
朝から、そのまま仕事、仕事が終わったら、銭湯に行って立呑屋。

休日は1日爆睡。。。


流石に、かみさんは、毎日お怒り(~_~;)後に離婚をいいわたさられるんですが、

こんな毎日は何時までも続かず、

いよいよ、お金も無いので、真剣に起業を考えましたね(笑)

もともと、頭の緩い私ですから、起業すれば、すぐにお金も稼げるつもりでいました。

これは友人も同じだった感じです。

最初に始めた商売は、看板のリースでした。

きっかけは、色んなネオン外でみかける看板は手入れがズサンが目に入ったからです。
単純でしょ。(~_~;)

受注発注で板金屋さんにお願いして、リースで貸し出し、

壊れたり、汚れたら交換するんです。
飛び込みで営業しました。
結果は惨敗(笑)そして、キャバクラ^^;へ、遊びに行く^^;反省会と言うなのもとに。。。

元々、中途半端大王な私、駄目で諦めも吉野家なみ、次の事考えました。

なんせ、私の友人も変に前向きなんで、

そこは、異常に意見が合うので、反省会が決起祝になっちゃう。

かみさんには女は黙ってろ的でも、何時も怒られ、友人の関係も否定されていました。

因みにこの看板屋は確か2週間位で終了。。。

次に外から来た話しで、浄水器の販売。。。。。。。次回ゆっくりと。