読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供たちに告ぐ! 反省文は適当に書け!

大人達の世界では、反省文の名が変わり、報告書や始末書、詫び状と

 

名前を変えてやってくる。

 

今、あなたが、何かを反省しているならそれで充分だ。

 

一番に、考えてはいけない事は、反省と言う名の後悔は避けなさい。

 

既に、起きてしまった事に後悔した所で、時間とその胸の中の痛みは

 

無駄な時間だ。

 

考えなければいけない事は、その起きてしまった事象も含め

 

あなたの行動でありあなたなのだから、やさしく受け入れてあげることが大事になる。

 

それを反省して、後悔すれば、あなたは必ず、同じ過ちを犯した他者を責め

 

反省文を書かせる立場に相手を追い詰める。

 

すなわち、あなたの杓子定規で他者を測ることになる。

 

そうやって、堂々巡りの果てに、誤解と言う、すれ違いも生まれる。

 

余計なコミニケーションツールが出来上がる。

 

バカバカしいと、僕は感じる。

 

そもそも、教育課程で、強要される反省する事があるとするならば

 

この世の中で、反省して頂かなければいけない人など五萬と居る。(笑)

 

君が書く反省文など、取るに足らないのが大人の世界だ。

 

だからこそ、気にするな!

 

それよりも、全力で、自分を磨け!

 

君の反省する事が10あるならば、今の大人の方が、よっぽど、

 

傲慢で、欲深く、世の中を笑いながら渡り歩いてる。

 

反省しても、後悔するな。

 

それは、僕からの警告で、自分で自ら反省をしても、

 

他人から強要されるなら、適当にうながせ!

 

君を骨抜きにしようとしてるからだ。

 

君に罪悪感を着せて、君を委縮させ、自分らしさを奪われるかも知れないからね。