読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間は窮地に立たされて進化する。No. 2

 

紹介状と共に、大学病院の診察室の椅子に僕は座り

先生の言葉を待った。

 

原因は不明だが、入院を薦められた。

入院する日数を聞いてみた。

早くて3週間、肌の治りの進行によっては、それ以上だと告げられた。

僕は返事をためらい、通院を希望した。

 

言い訳は、仕事に穴を空けることは出来ない。

幸いなことに、5体は動かせる。

どうにか、ならないかと、僕は悲願した。

 

正直、この時の僕は、毎日の日銭を稼がなければ、生活は出来ないし

1ヶ月の間に社会とのスピードに取り残されてはと言う不安もあった。

 

大学病院の先生が言う事には、確かに通院をする事は可能だと言ってくれた。

治療する行程は、病院も家でも変わらないと言う答えだった。

しかし、治りが遅くなる事を聞かされた。

 

僕はホッとした。

 

その日は取りあえず、検査の為の採血と薬を処方してくれた。

 

次回は1週間後の検査結果を待つことにした。

 

検査の結果は、異常は見られなかった。

ただ、紫外線アレルギーが若干数値が高いだけだった。

 

ここでの総合結果は、やはり、今の仕事を離れるか

ストレスによる、紫外線アレルギーと言う判断だった。

 

僕は、上の空で、結果を聞き、兎に角、安眠と痒みが止まれば

それだけで満足だった。

 

薬を処方してもらい、自宅でのケアー方法を聞いた。

 

塗り薬は、一番強いステロイドと聞かされた。

治療方針は、兎に角、一時的に、痒みと炎症を終息させて

徐々に、ステロイドのランクを下げていくと言うものだった。

 

その後、3ヶ月もたつと、最初の酷い時の炎症は無くなったものの

酷かったのが5だとすると、3~4を往き来していた。

脱毛も同時に始まっていた。

頭皮からは皮膚が剥がれ、膿を出す様になっていた。

 

やはり、ストレスを示唆された。

それでも、僕は否定した。

 

自宅では、徐々に、身体を起き上がらせるのも辛くなっていた。

この時の僕は、身体の炎症と身体が重いのは別の事だと考えていた。

 

ただの、疲れと、怠けたい気持ち何だと、自分に、鞭を打った。