読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が聞いた、あの世の仕組み(⌒‐⌒) No.5 最終回

そして、第3審査に移る。

ここでの、課題は、各、目次の題名の粗筋を自身で書く。

例えば「第6章  駆け落ちして、結婚する」

と言う、目次の詳細に、こんな人とこんな場所で、電車に乗って的にね。

そして、ここでは、2通りのシナリオを書き込む事になる。

この、世の中で言う、判断と決断をするシーンを作り上げるのである。

 

しかし、最終章に辿り着くまでには、

自分が幸せを実感出来る様に下手あげるのである。(^_^)

これで、あなたの人生の本が完成され、第3審査を通過する。

 

第3審査を通過すると、この完成した、あなたの本が管理センターの金庫に

厳重に保管される。

 

そして、この世に生まれてくる間での間、あなたにまつわる、

本のキャスト達と念入りに、打合せをして、約束もする。

 

そして、出発の時に、管理センターの金庫の中にある

本があなたに手渡されるそうだ。

 

その瞬間、本の中の現実のあなたに、入り込むのである。

よって、ある意味、今、あなたの感じる、見る世界は

あなたの作り上げた、本の中にいるそうだ。w(笑)

 

余談だが、たまに、夜眠る間にこの図書館に帰る事もあるらし

理由は色々あるようだが、要約すると、キャスト達とのう打ち合わせや、

すり合わせをするらし。(笑)

 

そして、あなたは、あの世で出来なかった事を経験する。(^_^)

人に生まれる感情や感触、を思う存分体験する。

 

だから、僕が思うには、今のあなたは、善いも悪いも、沢山、楽しみながら

味わい堪能すれば良いんだと思う。

 

どのみち、最後は幸せに成れるストーリになるし

 

今回、楽しんでれば、次の本 のランクも上がるしね。

 

そんな話を、僕は、聞かされてきた。。。。。ガハハ(笑)