読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人が成長すると言う事。(⌒‐⌒) No. 2

 

神様が、言う内容はこう言う事だった。

春に人事異動があっと言う。

その時に、今までの、上司は転勤し、変わりに他の部署から、

営業部長として、赴任してきたのが、やり手ウーマンの

女性だったそうだ。

 

彼女は、何事にも意欲的で、兎に角、

人を惹き付ける魅力も持ち合わせるそうだ。

 

だからと言って神様事態がやり手の女性部長に別段、不満があるわけでも無い。

 

そして、この前の営業ミィーティングでこんな話になったらしい。

女性部長が言うには、会社がドンドン成長していくには、

この営業部が鍵を握っている。

それには、この営業部が成長して利益を上げていかなければならない。

そして、その成長は個人の成長と共にあると言う。

女性部長が言うのは、心身共に、

仕事もプライベートに至る全ての成長が鍵だと言っているらしい。

 

そこに、神様と共に、働く、同僚の木本が、共感し発言したと言う。

木本君が言うのは、今の世の中は元気がないと、それは、魅力ある

大人が少ないからだと、子供達が大人を見たときに、

憧れる様な大人に成長しなければ、今後の未来の子供達は絶望的だまで、

言っていたそうだ。

そんな、ミィーティングの中での話、女性部長と木本君は盛上り、

営業課で、自分達が成長するには、

何をすれば良いかを次回ミィーティングまでに

意見を考えてくると言う事で、終わったらしい。

神様は何だか、そのミーティング後も憮然としない面持ちで、

今に至ってると言う。

そこで、僕なら答えを知ってるのでは無いかと言う事で、呼び出されている。

 

さぁ~!ひさよし、お話して上げて。(⌒‐⌒)

 

レナ異星人が来た!( ̄▽ ̄;)

解ったよ!話すよ!( ̄▽ ̄;)

 

神様!何を言ってるか解らない!( ̄▽ ̄;)

僕自身が成長してるかも解らないんだ!( ̄▽ ̄;)

 

ただ、僕が思うのは、部長と木本君の言う成長とは

2人が誰かを見た時に、

2人の基準で決まる成長なのではいんじゃないかな( ̄▽ ̄;)

 

その2人の成長基準は、誰かに認められるとか、表彰されること( ̄▽ ̄;)

 

木本君が言う魅力ある大人になることがお手本になると言うのは

何かをするとか、こうしなければいけないとか、こうあるべきだと

言う事を、そもそも、やめちゃえば良いのにね。

大概の場合

大人の視点で子供に、成長したと言う判断をするね。

それは、一般的な社会の大人から見てね。

子供は自分自身が成長してるかなんて、気にしてないよね。( ̄▽ ̄;)

 

子供が気にするのは、その時の自分の感情だよね。( ̄▽ ̄;)

シンプルに喜怒哀楽的な事よね( ̄▽ ̄;)

大人は逆に喜怒哀楽に蓋をしてるよね。

だから、大人が子供に学べば、大人も子供のように

シンプルで、自分らしく生きられるんだと思うよ( ̄▽ ̄;)

 

良く、大人が大人に言うじゃない。

あの人は、子供のようだ何てね。

多分、それは、とても、素敵な事で、素敵な人の事だと思うのよね。( ̄▽ ̄;)

 

振り向いたら、神様は、酔って寝ていた。

 

眠くなったら、所、構わず寝る。

まるで、子供のようだ。。( ̄▽ ̄;)。。。ガハハ(笑)