読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己の声が僕に死を宣告する! No.2 映画監督との出逢い。

 

雨が降り降り注ぐ日に、 自己の声通り、僕は、死んだ。( ̄▽ ̄;)

 

そして、入れ替わった僕が、ここにこうしてブログを書いている。

 

 

意識が変わり行く僕は、以前の自分で、あり続けるために、

沢山の葛藤と、今の自分とのせめぎ合いをした。

結局、僕はどうすることなく、受け入れざるをえなかった。

何故なら、一度死んだ、自分にはどうもがいても、

戻れないのは当然の事だった。

 

僕は、今の自分との過去の自分の狭間で、漂えるほど、

気持ち強く無かった自分にも嫌気がさしていた。

 

そんなときに、出逢ったのが、ガルウィング長谷川さんだった。

 

当初、僕は、ガルウィング長谷川さんの経歴も、職業も、

知らずに話していた。

とても、柔らかで、温厚な人に僕の目には写っていた。

 

そして、毎回、何かを約束するわけでもなく、良く顔を合わせた。

 

そして、何時だったか、何気なく近くのガルウィング長谷川さんの

事を知るであろう人に聞いてみた。

 

何だか、知らないけど、あの人、実は誰?( ̄▽ ̄;)

 

映画監督だと言う。

普段は温厚だけれども、一度、カメラを回すと、眼孔が開くと言う。

 

僕は、同時に、この時、ガルウィング長谷川さんの事を詳しく話す

お前も誰?( ̄▽ ̄;)と思った。

 

この時の僕は、自分がどうでも良いので、人の事は、ことさらどうでも良かった。

後に知るが、僕がガルウィング長谷川さんの事を聞いた人は

エネルギーセラピストの林氏だった。

何でも、人間や地球のエネルギーの研究者で使い手だった。

何とも、年令がつかめない、オヤジだ。

これも、後で知ることになるが、僕と同じ歳だった。

 

敬語で話した僕は、いささか損した気分だ!( ̄▽ ̄;)

 

それからは、通称。としくんと呼んでいる。

こいつは、エネルギーセラピストのくせに、僕とは喫煙仲間だ。( ̄▽ ̄;)

どうやら、煙草は身体に悪いが、

エネルギーには煙草は関係ないみたいだ。( ̄▽ ̄;)

まったく、良く理解できない世界だ!( ̄▽ ̄;)

 

話を戻そう。

そんな、当時、自分の狭間で漂い葛藤する僕は、

ガルウィング長谷川さんと長いお話をする時、タイミングが来た。

もちろん、御互いに興味があった訳ではない。

 

この時のガルウィング長谷川さんは、僕のこの時の状況を

ただ、頷きながら聞いてくれていた。

 

僕は、流石は映画監督だと感じていた。

監督は感受性高く、あらゆる空間に神経を尖らせ

あるときは、そこに無いもをあたかもあるような目で、遠くを見つめ頷く姿に

僕は、話が止まらなかった。

 

ひととおり、話した僕は、ガルウィング長谷川さんに質問をした。

 

こんな、僕は、生きてるですか?死んでるのですか?

それとも、死んで、生まれ変わったんですか?

教えてください!( ̄▽ ̄;)

ガルウィング長谷川さんは、一呼吸置いて、答えてくれた。

 

 何言ってるか解らねぇ!!

 面白いじないか!!

 

 

えっ!( ̄▽ ̄;)

何とも、冷たくもあり、僕に取っては絶望感溢れる言葉だ。( ̄▽ ̄;)

実は、同時に愛に溢れる言葉だった。( ̄▽ ̄;)

 

なんせ、正直なのだ。( ̄▽ ̄;)

 

ガルウィング長谷川さんは自分にも、そして、僕にも正直なのだ。

 

そして、ガルウィング長谷川監督は続けた。

 

「私は、沢山の俳優や男優や女優を映し撮り続けている。」

「色んなシーンがある。」

「喧嘩のシーンもあれば、ベットシーン、濡れ場シーンもある。」

 

そりゃぁ~。そうだろう。。。( ̄▽ ̄;)

 

ガルウィング長谷川監督は言う

「1つ言えることは、全てのシーンは、最高の今、ここの一心、一瞬を

   カメラに納めて、スクリーンに映し出していく。」

「だから、過去の全ては、カメラにしか納められないんだ。」

「確かに、過去の思いでは、人の心には残る。」

「演じる側も、観る側も、けれども、空間や表情、

   呼吸は映像でなければ残せない。」

「人間は、一生のうちに、一度だって、全く、前回と同じ動きも表情も

   繰り返えせない。」

「同じ表情も感情も毎回一致はしない。」

「もし、それが、出来たと思うなら、それは、同じ様な表情を

   繰り返しただけに過ぎない。」

「だから、映画は面白いし、同じものは出来ない。」

「映画監督は辞められねぇ~!」

 

えっ!( ̄▽ ̄;)

あんたの話かい?!( ̄▽ ̄;)と心の中で、僕は、思った。

 

ガルウィング長谷川監督は尚も続ける。。。

「だから、ひさよし君の言う事も、解らなくない」

 

良かったぁ~( ̄▽ ̄;)戻ってきた!←僕の心の声(笑)

 

「そう言う意味では、皆、その一瞬、一瞬で、死んで、生まれ変わっている」

「私は、撮影中、こんな不思議な体験も見てきた」

 

 

すみません。眠くなってきた。( ̄▽ ̄;)

長くなりそうなので、続きは又、明日。。。。ガハハ(笑)

おやすむり。。。。