読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方再生のカギ!

 

僕の夕食のレーパートリー、献立の1つは、牛丼である。

安くて、速い、文字通りだが、美味しさに関しては、

正直、解らない(笑)

1つ、言えることは、味に馴れたと言った方が、しっくり来る。

 

まぁ~。言うなれば、便利と言う感じで、利用していた。

 

牛丼を胃に流し込んで、コンビニで、コヒーと一寸した、

お菓子を買って、家で、一息入れて、メールを見ては返信して

こんな感じで、朝を待つまでもなく寝る。(笑)

多くの地方の若者は、都市に来れば、何でもあると、

心を踊らせる場所で、僕も踊らされてる。(笑)

 

本当は何も無い幻の都市に、何かを生み出し

何かを作り、消費させようと、躍起になってる大人なたちばかりだ。

何処かのチラシには、便利だ、あなたに、ピッタリ

これを、持たなきゃ時代遅れだ。

 

夏の暑い時期には、秋物が並び、早く消費させろと、売り手は

躍起になり、メディアを使う。

それを見た人は、我先にと群がり、

季節が過ぎれば、最終バーゲーンと抜かりがない。(笑)

 

便利でも、使わない、無駄なもでも、

言葉を変えて、価値あるものに見せて、消費させられる。

 

何かを手に入れようとすれば、財布と相談しながら、

諦めるか、自分の時間を切り売りして、奴隷になるか

自分も、幻の商品を誰かに売りつけ、良しとする。

多少の事は目をつむり、皆と同じと選民意識で

罪悪感の欠片もなく、わらいあう。

 

おっと。( ̄▽ ̄;)

こんなことを書くつもりで、始めた訳では無い。( ̄▽ ̄;)

 

僕はね。

思うのよ。

どんなに、地方の人が都市に憧れても、都市には何も無い。

 

でもね。

地方には全てがある。

都市に便利があると言うかもしれないが、

都市の人は、結局、最後は不便を選ぶ。

 

地方再生と言う事も否定はしない。

 

ただ、僕が聞いた、レナ異星人は言う。

このままだと、時期に都市が空洞化すると。

 

僕も、最初は信じられなかったが、

レナ異星人の話を聞けば頷ける。

 

これから、考えなければ、いけないのは、

都市の再生だと、レナ異星人は言っている。

 

もちろん、そんなのは、当たり前で、新都心

考えなければ、人口が減り行く上で、考えていると

言う人も多いと思う。

 

それも、否定しない。

 

ただ、レナ異星人が言ってるのは、そんな事ではない。

 

 

そんな事を僕の体験も踏まえて、レナに聞いた話を

次回したいと思う。

 

レナは他にも教えてくれた。

 

今、尚、世界中で、食べるものが無く、

地球が無くなれば良いと考えてる人がいて、

それらの層念が、肥大化しつつあると。。。

 

それらの、層念を静めるには、僕達、戦争反対を

叫ぶ人たちが、ゆういつ、目を向けられる存在で、愛だそうだ。

 

都市が再生すれば、おのずと、地方は再生する!(⌒‐⌒)

 

今頃、来た!レナ異星人!( ̄▽ ̄;)

 

もう、寝るよ。( ̄▽ ̄;)

おやすむり。。。( ̄▽ ̄;)