読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然との対話 No.5

お待たせ!( ̄▽ ̄;)

あれ!( ̄▽ ̄;)

話を続けてよ!( ̄▽ ̄;)

何かさぁ~!僕はね。今、懐かしい感じになってるんだよね~。( ̄▽ ̄;)

 

昔さぁ~。

僕は、ばぁちゃんが大好きだった。

夏休み冬休みは、自分の家に居るのは3日間位で

後は、ばぁちゃんの家で、過ごしてた。( ̄▽ ̄;)

 

親父が、いい加減、お前は、何処の子になるつもりだ!って

怒鳴られて、渋々、家に帰ってたよ。(笑)( ̄▽ ̄;)

 

ばぁちゃんは、何時も、僕を受け入れてくれるんだ。( ̄▽ ̄;)

 

勉強嫌いな僕に、勉強しろ!と言わないし、

学校で、成績がビリでも、なにも言わないし

泥だらけで、遊んで帰って来ても、ただ、笑ってルだけ( ̄▽ ̄;)

僕が夜に、高い熱を出すと、心配する様子も無く

黙って、僕を背中に背負って、夜中に病院に連れていってくれた。( ̄▽ ̄;)

 

僕はね。

両親に嘘を付くことがあっても、ばぁちゃんだけには、

不思議と嘘をつかなった。( ̄▽ ̄;)

 

僕に、取って、不都合な事でも、

ばぁちゃんは、受け入れてくれたから( ̄▽ ̄;)

 

一般的に言えば、優しいとか、甘やかすなと言うんだろうね。( ̄▽ ̄;)

 

でもね。

釣竿が欲しいから買って言うとね。

今は、ばぁちゃんにお金がないから、

今度、お金が出来たら買ってあげるから、今は、釣竿の変わりを、

自分で考えて、自分で作って、遊んでおいでと、言われるのよ。( ̄▽ ̄;)

それから、

僕はね。無い頭で、考えて、捻り出したのが、足釣りよ(笑)( ̄▽ ̄;)

僕の足が、竿だからね。(笑)( ̄▽ ̄;)

川では、良く釣れるし、泳ぎだって上手くなった。( ̄▽ ̄;)

 

ある時、僕が友達と、遊んでる時に、日本は戦争に負けたと聞いて、

驚いたんだ、そんなことはないと思い、ばぁちゃんに聞いた。( ̄▽ ̄;)

 

「ばぁちゃん、昔、日本は戦争で、アメリカに負けたの?」( ̄▽ ̄;)

「そんな、事無いよね。」( ̄▽ ̄;)

と僕は、負けていない日本を知りたくて、ばぁちゃんに聞いた。( ̄▽ ̄;)

 

ばぁちゃんが何とも言えない顔で、糠漬けを掻き回せながら

僕に、答えてくれた事を覚えてる。

 

「勝ちと敗けを考える人が、勝ち負けのルールを決める。」

「勝ったと思った人が、自分は勝ったと皆に言う」

「負けた思った人は、自分は負けたと言わず、心にしまう」

「ひさよしが、大人になったら、戦争の勝ち負けが解る」

 

「ばぁちゃん。日本はアメリカに負けたの?」( ̄▽ ̄;)

 

「勝ってもいないし、負けてもいない」

「ひさよしも、勝つこともあれば、負けることもある」

「ばぁちゃんは、ひさよしが負けても、勝っても、どうでも良い」

「ひさよしが、ばぁちゃんの家に居ればそれで、いい」

 

そんなことを、思い出した。

 

僕の、ばぁちゃんは、もう、いない。

 

「ただ、受け入れるのだ!」φ(..)

「ここに、在れば、良い」φ(..)

「ワシは、ここで、受けとるだけだ!」φ(..)

 

「それじゃぁ~。人生つまらないでしょ?」( ̄▽ ̄;)

 

「それは、お前の考える判断だんだ!」φ(..)

「ひさよしの、ばぁちゃんは、愛を持って、お前を判断せずに、

   何時も、今のここに居る、お前を受け入れた。」φ(..)

「そして、お前は、物質的欲求が満たされ訳ではなく、

    ばぁちゃんの愛を全身で感じて、癒された。」φ(..)

 

 

「現代文明のリズムのバランスはとれてはいない」φ(..)

「物質的な物と、豊かさが、愛を象徴する」φ(..)

「物質的な物や、豊さが愛ならば、いつか、消滅する。」φ(..)

「愛は永久的に不滅だ!」φ(..)

 

「ワシの木に鳥がとまり、さえずりを聞く、虫が、バクテリヤが

  ワシを 癒しにする。」φ(..)

 

「ワシは、受け入れ、全てを癒す。」

 

「それが、地球の意思で望むこと、そして、それが、ワシの全てで、

   ワシの自然のリズムだ!」φ(..)

 

「それが、ワシの本質だから、ワシは満たされる」φ(..)

 

「ただ、シンプルに、今、ここにを感じれば、全てを受けとるだけ」φ(..)

 

「本当のワシが、ここに、出来上がり、ワシで居られる」φ(..)

「ワシを判断してるのは、お前達人間だ!」φ(..)w

「お前達人間は、ワシが時には邪魔になり、

    時には利用され、時には、見直される。」φ(..)

「正直、お前達には、うんざりだ!」φ(..)

 

「それ、面白いわぁ!」( ̄▽ ̄;)

 

「それでも、地球はワシ達を必要とする。」φ(..)

 

「地球の意思は、愛を生産し、育てているからだ。」

 

「ならば、日照りや、気候によって、あなた達が

枯れることは無いはずなのに、何故、自然が、自然を、殺すの?」( ̄▽ ̄;)

 

「あなたは、水が無ければ、枯れはて、消滅する。」( ̄▽ ̄;)

 

「ワシは枯れもしないし、死にもしない。」φ(..)

 

「木として、消滅するだけ、ワシの意思と言うエネルギーは、地球に帰る」φ(..)

 

「そして、違うエネルギーとなり、違う愛になる。」φ(..)

 

地球の意思は、愛を生産し、育てる。そして、そのエネルギーを

全宇宙の星に、届け、愛のエネルギーを分け与える」φ(..)

 

「地球上で、水が無いために、死滅したワシの後に、

   更に、地球の意思で、進化した、木がそこに、芽をだし、

    進化した、木が育つ。」φ(..)

「何故なら、全宇宙に愛を分け与えるには、全宇宙の気候に

    適用できる木であり、エネルギーが必要になるからだ」φ(..)

 

「科学や化学は、地球の偉大さには、追いつかない」φ(..)

 

壮大すぎるわぁー~。( ̄▽ ̄;)

 

「決して、壮大ではない!」φ(..)

 

「お前達人間が、それを思い出せば、簡単だ」φ(..)

「地球は、宇宙一、素晴らしい星だ」φ(..)

「地球から、他の星に、移るなど、考えるだけ、無駄だ!」φ(..)

 

「お前達人間が、見つけた星で暮らすものは、全て、この地球が地球の意思で

    分け与えたものに過ぎない!」φ(..)m

 

「人間が、今、ここを意識して、大切にすれば、おのずと、

この地球の偉大さが分かり、他の星に分け与える人間になり、

宇宙一の見本になる事になる。」φ(..)

 

「地球の意思は、人間に愛になり、

   縦横無尽に、愛を、与えて貰いたいのだ!」φ(..)

 

「ひさよし‼!今、寝てたろ‼!」φ(..)

 

えっ!( ̄▽ ̄;)

僕は、話題を変えようと、一寸、意地悪な質問を考えていた。( ̄▽ ̄;)

 

何故なら、僕には、少々、退屈な話しだったからだ。。。。。ガハハ(笑)