読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然との対話 No.3

僕は、何処に行くか解らないが、急いで準備を済ませた。

 

さぁ~!出発よ!(⌒‐⌒)

早く、外に出て、鍵を閉めて❗(⌒‐⌒)

 

 

あ、うん。( ̄▽ ̄;)

そんで、何処に?行くの?( ̄▽ ̄;)

 

自然との対話しに行くのよ(⌒‐⌒)

 

ん~。僕のキャパ越えたよ。レナ( ̄▽ ̄;)

ここから、自然が見えるし、囲まれてるじゃない( ̄▽ ̄;)

レナの星でも行くの?( ̄▽ ̄;)

こんな格好でもよい?( ̄▽ ̄;)

僕は、ジーンズにTシャツだ。

 

ひさよし、貴方の住む地球は充分素敵よ。(⌒‐⌒)

充分、必要なものは足りている。(⌒‐⌒)

無い。無い。足りないと言ってるのは、あなた達。(⌒‐⌒)

今日は、それを、知って貰う事と、自然とお話に、行こう!(⌒‐⌒)

 

自然は話できないし( ̄▽ ̄;)

レナは僕よりイカれてない?( ̄▽ ̄;)

 

ま~。言ってなさい!(⌒‐⌒)

 

それより、宇宙船は?( ̄▽ ̄;)

ほら、この流れだと、そんな感じで、体験するじゃない?( ̄▽ ̄;)

 

前に、ひさよし、興味無いって、言ってたわよねぇ。(⌒‐⌒)

 

そんな、貴方が宇宙船に乗って、何の意味があるのよ!(⌒‐⌒)

そりゃぁ~。誰かに自慢できる。( ̄▽ ̄;)

誰が、信じるの?(⌒‐⌒)

ひさよしの自己満足と優越感だけが残るでしょ(⌒‐⌒)

それに、私は、あの古臭い乗り物好きじゃないのよ。(⌒‐⌒)

こうやって、

意識で、やり取りの方が、楽だし、環境に優しいでしょ(⌒‐⌒)

あなた達が見る。宇宙船は多分こんな感じよ(⌒‐⌒)

ひさよしの住む世界で、高級車で見せびらかして走る感じ(笑)(⌒‐⌒)

優越感と自己満足!(⌒‐⌒)

それを、見る人達が、憧れる。(⌒‐⌒)

何一つよいこと無い(⌒‐⌒)

もちろん、好きで乗る人も、宇宙人もいる。(⌒‐⌒)

でも、そう言う人や宇宙人は地球や宇宙にきちんと、配慮する。(⌒‐⌒)

やたら、乗り換えないしね。(⌒‐⌒)

大好きな上に、愛してやまない。(⌒‐⌒)

 

何かさぁ~。( ̄▽ ̄;)

レナと話してると、異星人も地球人も、変わらない気がしてきたよ。( ̄▽ ̄;)

 

うん。(⌒‐⌒)

ひさよしは良いことに気付いたね。(⌒‐⌒)

基本的に何も変わらないよ。私もひさよしも(⌒‐⌒)

ひさよしも居れば、田中さんも居るでしょ。(⌒‐⌒)

ひさよしが、私の星に来れば、ひさよし異星人になるだけ。(⌒‐⌒)

違うと思い、探し求て、怯えたり、憧れてるのは、あなた達(⌒‐⌒)

だだ、違うのは、星それぞれの持つ、愛の周波数。(⌒‐⌒)

ひさよしの住む地球は、今、徐々に愛の周波数が上がり始めている(⌒‐⌒)

だから、皆が思い出そうとしてきている。(⌒‐⌒)

ひさよしの様にね。(⌒‐⌒)

そして、シフトしようとしているのよ。(⌒‐⌒)

 

 

う〰ん。よく解らない!( ̄▽ ̄;)

何を思い出そうとしてるの?( ̄▽ ̄;)

僕たちは( ̄▽ ̄;)

 

あなた達は、もう充分足りていて、本当の自分を思い出す。(⌒‐⌒)

自分達は、素晴らしい愛だったとね。(⌒‐⌒)

 

そうすると、闇の世界が少しずつ、少なくなって行くのよ。(⌒‐⌒)

 

分かった様な、解らないような( ̄▽ ̄;)

所で、どこ行くの?( ̄▽ ̄;)

そうね。(⌒‐⌒)

 

何時ものように、ひさよしは散歩して、気が向いたら、腰を下ろして

休憩して、そこで、私は待ってるから(⌒‐⌒)

 

だから、そこは何処よ!?( ̄▽ ̄;)

そうね。(⌒‐⌒)

じゃー。あっちの方向を目指して、

突き当たりを右折して(⌒‐⌒)

 

レナ、自分の言ってる事、分かってる?( ̄▽ ̄;)

既にレナは居なくなっていた。

 

ま~ー。いいや、そのうち、僕が迷えば、来るだろうと思い

レナ異星人の言うあっちの方向を目指した。。。。。。。。ガハハ(笑)