読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然との対話 No.2

その日の夕方に彼女の家に着いた。(^_^)

 

5月のGWウィークも終わろうとしている。

 

彼女の創る夕飯は格別だ。

この日は、ヨモギを一緒につみに行き、それを、天ぷらにしてくれた。

僕の基本的食生活は、一日1食で夜だけ

献立のチョイスは、スーパーの値引き弁当や牛丼と外食の毎日だった。

 

そんな、僕を知る彼女は、手作りと、自然食をふんだんに

食べさせてくれる。

 

翌日は、彼女とスローな1日を過ごした。(^_^)

彼女が、僕のペースに合わせてくれた。

僕は、読書をして、音楽を聞いた。

 

この日はすっかり、自然の事など忘れていた。

彼女の部屋には基本的に音がない。

TVがあるわけでも、車の騒音も無い。

それだけでも、充分僕の神経は落ち着いた。

ここに、居る僕は、異常な僕では無くなる。

 

食事を終えて、コーヒーを飲み干し、今日は、眠ることにした。

明日の僕の予定は無い。

 

彼女の朝は早い、畑仕事に出るからだ。(^_^)

 

 

僕たちは、早めの睡眠をとった。(^_^)

 

そして、次の日の朝方、けたたましい、小鳥のさえずりで

目が覚めた。

あの、鳴き声の数から100羽~の鳥が居ることは、想像できる。

時計の針を見ると朝の5時半だった。

彼女は既に起きていて、昼食に食べる、お弁当をこしらえていた。

 

彼女は目覚めた僕に気付き、「おはよう」と言ってきた。

そして、

「ひさよしは、自分の体調が戻るまで、自分のペースで、お起きてね」

「ゆっくり、もう一度眠れば?」と言ってくれた。

 

僕は、窓の外を眺めた。

 

すると、彼女は、笑いながら、「鳥の声凄いでしょ?」

凄いねと僕は、答えた。

彼女は、笑いながら、続けた。

「実は私、滅多な事では目覚ましをかけないのよ。」

「鳥の声の方が大きいし、鳴く時間もはやいのよ。(笑)」

「それに、何だろう、目覚ましだと、もう、うるさいなぁ~。と

思うことはあってもね。鳥の声には、それを感じないし、

むしろ、今日も、おはよう!って気分で起きれるのよね。不思議よね。」

 

「もう、暫くすると、鳥達が、出掛けて行くから、そうすれば、静まるわ(笑)」

 

「今日は、私が帰るまで、ゆっくりしてね。」

「じゃ~。行ってきます」

 

「行ってらっしゃい」と彼女に僕は答えた。

 

僕はそのまま、もう一度、眠りに着いた。

暫くすると、5月の陽射しの強さのせいもあり、暑くて目が覚めた。

 

時計をみると、9時だった。

しばらく、ぼっ~としていると、レナ異星人が来た!

 

「おはよう!」(⌒‐⌒)

 

「ああ~。おはよう」( ̄▽ ̄;)

しかし、おはようは、全宇宙共通の挨拶なので、あろうか?( ̄▽ ̄;)

 

 

「細かい事は気にしないで」( ̄▽ ̄;)

 

「神経過敏よ!」(⌒‐⌒)

「さぁー、行くわよ!」(⌒‐⌒)

 

「早く、出かける準備して」(⌒‐⌒)

 

 

「分かったよ。一寸待って‼」( ̄▽ ̄;)

 

何処に行くか、解らないが、この流れで言うなら、

僕は、レナ異星人の乗る。

宇宙船とやらに、のせられ、何処かの星に行くか、

レナ異星人の住む星に行くのであろう。(^_^)

 

僕は、クワクした。。。。。。。。。。。。。。ガハハ(笑)