読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然との対話 No.1

僕の住む部屋は、幹線道路沿いにある。

窓を開ければ、自動車の騒音が少しはおさまるが

ひとたび、窓を開けると、騒音が耳をつく。

通常なら、そんな騒音もあまり気にせず生活できるのだが、

当然、他の御部屋に住む住人もいるくらいだからね。

 

しかし、この時の僕は、神経過敏になっていて、

気になって仕方なかった。

 

多分、お隣の人は、こう言うだろう。

車の音はするが、気にならないと。

僕は、車の音とひとくくりに出来なかった。

車も車種により、音が違う。

軽自動車、トラック、バイクと細かくすると、

沢山の音が入り交じり、僕の耳から脳ミソを貫く。

 

僕の居る次元は3次元だが、15次元の人が、この3次元に

居ると、沢山の音の数に、外を歩けないと言う。

音も周波数により、沢山の周波数を聞き分けるそうだ。

 

しかし、僕は、普通よりも、劣る人間だ。(笑)

だから、神経過敏だと診断されるだろう。(笑)

 

ひさよしが神経内科に行けば、そう診断されるはね。(⌒‐⌒)

 

来ました、レナ異星人( ̄▽ ̄;)

 

そして、神経を鈍感にする、食べ物を貰うわね。(⌒‐⌒)

 

食べ物じゃなくて、薬でしょ?( ̄▽ ̄;)

 

そうとも、言うわね(⌒‐⌒)

 

そうなんだね。ならば、病院にいこう!( ̄▽ ̄;)

 

ち、ちょっと、待って‼(⌒‐⌒)

 

何よ!( ̄▽ ̄;)

僕は、辛いから、薬で治すよ!( ̄▽ ̄;)

 

 

ひさよし!

今の貴方は、病気でもない、正常よ!(⌒‐⌒)

 

レナ!君の言ってる意味が理解出来ないよ!( ̄▽ ̄;)

だって、レナは聞こえないでしょ?

この僕の耳に入る雑音が。( ̄▽ ̄;)

 

今、ひさよしの聞いてる雑音を私が聞こうと意識すれば

聞こえるわよ。(⌒‐⌒)

 

ひさよしと同じ周波数でチャンネルを合わせればね。(⌒‐⌒)

 

じゃぁ、チャンネルを合わせてみてよ。( ̄▽ ̄;)

どんだけ、辛いかレナにも分かるよ。( ̄▽ ̄;)

 

分かったわ!(⌒‐⌒)

合わせれば、いいんでしょ!合わせれば。。。(⌒‐⌒)

勇気いるわぁ~(⌒‐⌒)

 

あの~、失礼ですが、レナさん、聞こえてますけど。。( ̄▽ ̄;)

 

あ‼うん。。。そ、そうね。そうだったわね。(⌒‐⌒)

 

もう、いいいよ!( ̄▽ ̄;)

だから、何故、正常なのか教えて。( ̄▽ ̄;)

 

ひさよし、一言、言わせて(⌒‐⌒)

 

何よ?( ̄▽ ̄;)

 

ありがとう。

本当に感謝するわ。(⌒‐⌒)

 

大袈裟だ!( ̄▽ ̄;)

 

それでは、解説するわね。(⌒‐⌒)

 

今の、ひさよしが異常出はなく、

ある意味、今までの、雑音が聞こえなかった

ひさよしが、異常だったのよ。(⌒‐⌒)

ひさよしは、今まで、五感が麻痺していて、

五感に蓋をしてたのよ。(⌒‐⌒)

何故ならば、五感を退化させないと、生活出来なくなってしまうし、

それに、慣れていかないと、生きていけない。(⌒‐⌒)

又、人の五感を退化させようとしてる人も居るわ。(⌒‐⌒)

 

まさかの!陰謀論?!( ̄▽ ̄;)

 

ん~。それは、微妙ね。(⌒‐⌒)

 

 

ひさよしが、病院に行けば、貴方を助け、楽にしてあげようと言う

正義の先生が、五感を鈍感にする薬を処方してくれるでしょ(⌒‐⌒)

これは、人が持つ、他の五感も殺してしまう。(⌒‐⌒)

確かに、先生は、善意での事だからね。(⌒‐⌒)

問題は製薬会社とそれを、推奨して、サポートする組織ね。(⌒‐⌒)

 

この辺は、また今度ね。

色々と、絡み合ってるみたいだからね。(⌒‐⌒)

 

そこは、どうでもいいよ!( ̄▽ ̄;)

僕には、どうにも出来ない問題で、大きそうだから( ̄▽ ̄;)

 

そうね。(⌒‐⌒)

じゃぁ。追々ね。ゆっくりと。(⌒‐⌒)

 

それで、僕は、どうすれば良いの?( ̄▽ ̄;)

 

ひさよし!(⌒‐⌒)

 

ん?( ̄▽ ̄;)

 

森や自然のある所に行こう!(⌒‐⌒)

そうすれば、私の言う事が、理解しやすいわ!(⌒‐⌒)

 

え、えっ!( ̄▽ ̄;)

今!( ̄▽ ̄;)

仕事あるし、無理だよ!( ̄▽ ̄;)

 

大丈夫よ!(⌒‐⌒)

ひさよしの時間と空間は、ひさよしの為にあるのよ(⌒‐⌒)

ひさよしがその気になれば、何時だって、貴方は、

空間を行き来出来るの。(⌒‐⌒)

さぁ~!今こそ、異常だと、思ってる、五感を使って‼(⌒‐⌒)

 

どうやって、使うのよ!( ̄▽ ̄;)

 

ひさよしが異常だと思ってる事は異常じゃなく

当たり前の様に、自然が目の前に在るイメージをして(⌒‐⌒)

呼吸を深く、今ここに在るイメージよ。(⌒‐⌒)

異常じゃない!!異常じゃない!!(⌒‐⌒)

 

異常!異常!うるさいわぁ!!( ̄▽ ̄;)

レナ異星人が言うほど、僕は、異常じゃないよ!!( ̄▽ ̄;)

 

そう、その調子!(⌒‐⌒)

 

乗せられた!( ̄▽ ̄;)

 

イメージ出来たら、早速、電話して(⌒‐⌒)

 

何処に?誰に?( ̄▽ ̄;)

 

決まってるでしょ!(⌒‐⌒)

仕事をキャンセルするのよ。(⌒‐⌒)

 

え~!そう言う事なの?( ̄▽ ̄;)

ひさよしは病気なんでしょ。(⌒‐⌒)笑笑

 

そして、僕は、予定していた、アポを平謝りで、

日を改めて、延ばして貰った。

 

その、直後に彼女から、メールが入った。

偶然にも、明日、休みが取れたと言う内容だった。

僕は、早々に彼女の家に向かった。

彼女の家は自然の多い町にある。

間違いなく、レナ異星人の配慮だ。

彼女の意識に入って、イタズラしたのである。

 

違うよ!(⌒‐⌒)

偶然にも偶然とは違う(⌒‐⌒)

あなた達の意識レベルの問題よ。(⌒‐⌒)

私は自然と言っただけよ。(⌒‐⌒)

 

そそうだった!( ̄▽ ̄;)

僕がイメージしたのは、彼女の部屋から見える

自然を僕の空間に思い浮かべていた!( ̄▽ ̄;)

 

恐るべし!五感と、非言語の世界観。( ̄▽ ̄;)。。。ガハハ(笑)