読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天使であることを忘れた天使(笑) No.1

ある、交流会の忘年会に参加した時のお話だ。

この日、僕は例のごとく、体調もすぐれず

夕方の仕事である、アポをようやくこなし

夜の忘年会はドタキャンしようと

誘ってくれた友人に断りの電話を入れた。( ̄▽ ̄;)

電話の向の友人はこの忘年会の企画者だ。

余談だが、彼の名前は神山と書いて「こうやま」と言う。

普段、僕は彼を神様と呼ぶ。(笑)

何故かと言うと、PCの名前を変換するときに

かみ 神  やま 山と変換が面倒なので、

メールも全て、神様にしている。(笑)

 

意外にも、僕と性格が違うが面白い大好きな奴だ。

何だって、遠慮なく聞いてくる。

例えば、じょうとう病んでるんだってぇ~的に

デリカシーがない。(笑)

でも、僕にとっては、彼くらいのストレートさが大好きだ!(^_^)

 

そんな調子な神様なので、僕の電話にでたとたん

 

「今日は、宜しく!楽しみに待ってるよ!」と最初に言われた。

アイツが僕と逢うために楽しみな訳がない。

しょせん、僕は人数集めの1人だ。(>_<)

そんな事を思いながら、

「実は今日は何か行きたくないなぁ~」と語尾を小さくしながら

答えた。(>_<)

彼は、そんな僕を無視するように

「でた!そんなこと言っちゃうんだ!」と笑ながら

「んで?今、何処なの?」と聞かれた。

僕は、急いで、駅のホームの駅名を探した。

「○○駅にいる」

はかなくも、忘年会は1駅先の隣の駅だった( ̄▽ ̄;)

 

「何だよ!すぐ近くに居るなら、顔だけ出せよ!」と言われ

「そしたら、帰って良いから」と許して貰えた。

仕方なく僕は参加した。( ̄▽ ̄;)

こんな書き方してるけど、神様は人情味のある、良い奴だ。

誤解が無いように。(笑)

結局僕は会費を払う、だけなのだ。( ̄▽ ̄;)

参加して、気になる女性を見つけた。

その女性は以前、お逢いしていて、絶大なる存在感で

みんなを癒していた女性だ。

僕は数回も言葉を交わしたことはないが、多くの人も感じる

感覚だと思うが、オーラー的な物が人と違っていた。

でも、今日の彼女は少し違っていた。

何やら、何か重いものと言うか、存在感が小さく見えた。

その瞬間である。

僕の自己の声が雄叫びを上げる。

「伝えろ!!」

来たぁ~( ̄▽ ̄;)

僕は無理だし、やだぁと叫び返した。

「うるせぇ~!お前の意見など聞いてない!伝えろ!」と

自己の声は主張してくる。

その間に、名刺交換をしてくる人もいる。

正直、上の空だった。( ̄▽ ̄;)

 

因みに、このとき何を伝えるのかは、ハッキリしないが

兎に角、僕の自己の声は騒いでいた。(笑)

このままでは、僕も自己の声も収まりつかないので

僕は自己の声と取り引きをした。

僕が彼女に近寄り、何かを伝える事はしない。

でも、彼女が僕の隣に来たら、君の声を伝えるよと

 

そしたら、彼女が隣に来てしまった( ̄▽ ̄;)

この時、僕は、この忘年会に来た事が繋がった。(>_<)

自己の声、お前の仕業だったのかと。。

 

全ては、良いも悪くも無く、必然的に物事は進んでいく

それも、寸分の狂いもなく。。

そして、彼女は言った。

「私、じょうとうさんが気になるんです」

僕は戸惑った。

もちろん、性や愛では無いことは100も承知だ。(笑)

 

その言葉を言わせてる彼女の無意識と僕の自己の声に戸惑った。( ̄▽ ̄;)

そして、僕は彼女に伝えるべきか、又、葛藤した。

自己の声に、こう伝えた。

お前の声なんか、彼女は信じないよ。

それに、理解しない所か、僕が異常者だ。

自己の声は、「お前、それはないだろぉ~!」

「一寸待て、約束が大きく違う所か180度、おかしくないか?」

僕は、分かったから1度トイレに行くよ。

それでも、彼女がここに居たら、自己の声、お前の事を話すよ。

僕はトイレに行った。

それでも、僕の自己の声は「お前って奴は、何処まで俺を信用しないだ」

「彼女は、きちんと話を聞ける人だ」

「理解もしようとする」

「大丈夫だ」とうるさく、付きまとわれた。

当たり前だ、僕の自己の声だけに。。。ガハハ(笑)

まるで、ピョンキチがいるようだ。(笑)

 

そして、ようの無いトイレをすまして、席に戻った。

目の前には彼女が居た。

もう、話すしかない、約束だ。

お恐る恐る話をした。

実は先程から、伝えろ!伝えろ!と言われてるので、

貴女は理解できないだろうけど、お伝えいたします。

僕は自己の声に早く伝える言葉を求めた。( ̄▽ ̄;)

お前早くしろよと僕は唸った。

「お前のインスピレーションで答えろ!」

「それが、俺の声だ!」

僕は。。。

えっ~!それは、お前、無責任だろ~!

「心配するな俺はお前だ!」

意味わからん。( ̄▽ ̄;)

すると、言葉が降ってきた。

僕の頭のなかに( ̄▽ ̄;)

取り合えず助かったぁ

「大丈夫」

「心配ない」

と正直に彼女に伝えた。

彼女は、そんな話を受け入れてくれた。

ほっとひと安心。(^_^)

いいよいよ、忘年会もお開きになり、

最後に、僕の自己の声が気になるようなら、

メール下さいと伝えた。

と言うよりも、そう言えと自己の声に念を押された。

彼女の別れ際、少々元気そうに、僕の目に映った。

 

そして、彼女とのメールが始まり、レナ異星人への質問も

多くなって行く。

なんせ、僕の自己の声はこんな感じなので。。

その後、彼女が天使だったとをレナ異星人から教えられる。

 

天使とは僕の想像とは違い、こんなにも身近に居たことに

驚きは隠せなかった。

最後に

誤解が無いように、お大きな声で言う。

僕の妻は、僕にとって、女神だぁ~!。。。ガハハ(笑)