読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

輪廻天象 の映画

あの時の僕は、TVを観ることができなかった。神経が鋭く感覚をつんざき、TVからの情報は僕に取っては雲って見えていた。悲惨な事件、肩を落とす様な、上を見上げられない情報に溢れたいた。それだけではない。嘘っぱちなCMにドラマ、僕の中の存在が、声をあ…

僕が聞いた、あの世の仕組み(⌒‐⌒) No.5 最終回

そして、第3審査に移る。 ここでの、課題は、各、目次の題名の粗筋を自身で書く。 例えば「第6章 駆け落ちして、結婚する」 と言う、目次の詳細に、こんな人とこんな場所で、電車に乗って的にね。 そして、ここでは、2通りのシナリオを書き込む事になる。 …

僕が聞いたあの世の仕組み(⌒‐⌒) No.4 審査

そのまま、本を手に取り読み始めることは出来ない。 まずは、自分が体験したいような人の本を何冊かかりて、 軽く目を通すのだそうだ。 すると、大まかな番宣を見たいなものが見えるらしい。 この時に、自分の親だとかを知るそうだ。 その中で、自分の気に入…

僕が聞いた、あの世の仕組み(⌒‐⌒)ある施設 No. 3

僕達は再び地球のソースに、戻り包まれる。 ここでは、あなたと、わたしも、一体だ。 あなたが、あらゆる想像した事は、客観的に体験する。 何故なら、あちらの世界には善いも悪いも無いし身体も無いからだ。(笑) すると、自分が、愛に包まれてる事を忘れて…

僕が聞いた、あの世の仕組み(⌒‐⌒)はじまり、No. 2

僕は、この、あの世の仕組みについて、短時間で、ゆっくりと 僕の自己の声と会話をしたと言う訳ではない。 長い月日を経て、断片的に聞かされた事をまとめた話だ。 最初にお伝えするのは、人は死なないと言う事だ。 これは、前にも何度か、このブログにも書…

僕が聞いた、あの世の仕組み(⌒‐⌒) はじめに、説明文 No.1

僕達は、現在生きている。 当たり前だ、あなたと、私が、今、生きているから このブログも成立する。 すなわち、医学的に言えば、生命反応がある状態だ。 この題名のように、あの世の仕組みを専門に研究して 専門にお話してる人に聞けば、おおよその事は分か…